横浜 みなとみらいのバス新路線「ピアライン」 |【ノリッポ】移動こそ旅の醍醐味!一歩先ゆく旅行の移動手段メディア

バス

横浜 みなとみらいのバス新路線「ピアライン」

投稿日:2019/10/31 更新日:

2019年10月31日(木)より、横浜の人気スポット、みなとみらい地区に港町ヨコハマをイメージしたラッピングが施された新しい路線バスが運行を開始します。客船ターミナルや商業施設を含む複合施設「横浜ハンマーヘッド」の開業にともなって新設される新しい路線バス。観光やお出かけだけでなく、クルーズに乗る人たちの貴重な交通手段になりそうです。

クルーズに強い旅行会社

新しい路線バスの名称「ピアライン」

新しくバス路線には「ピアライン」という愛称が付けられています。路線名は「ふ頭」の英語表記を用いて、路線名称を「ピアライン」と名付けました。バスは青いラッピングが施された車両で運行されます。大きさの違うドットの重なりは横浜の街と人とを繋ぎ、横浜の海と空をイメージしています。また神奈川県で初の「燃料電池バス」での運行もあり、環境にも配慮しています。

横浜港発着のクルーズ

「ピアライン」の運行ルートと運行間隔

「ピアライン」は桜木町駅を発着します。朝夕は速達性を重視したルート、日中は循環性を重視したルートで運行されるとのことです。

日中の循環ルートでは横浜のもう一つの客船ターミナル、大さん橋客船ターミナルも通過します。運行頻度は朝から夕方まではおおむね12分から20分間隔、夜はおおむね20分から30分間隔で運行されます。また夜間の観光客の交通利便性を高める目的で最終バスは午後11時過ぎ。深夜時間帯まで運行します。

「ピアライン」の運賃

「ピアライン」の運賃は横浜市内均一運賃で大人 220円、小児 110円です。みなとみらい地区から山下公園、中華街など観光スポットを網羅した市営バス・地下鉄1日乗車券「みなとぶらりチケット」や「バス一日乗車券」も利用できます。しかも路線運航開始の2019年10月31日(木)から11月4日(月)までは運賃無料で乗車できるとのこと。横浜に足を運ぶ人はぜひ乗ってみてはいかがでしょうか。

ダイヤモンド・プリンセスの予約

クルーズ乗船だけでなく、みなとみらいへの観光やお出かけの利便性が向上する新しいバス路線の運行。元町や中華街とみなとみらいを組み合わせた街歩きの回遊性の向上にも役立ちそうです。

コスタネオロマンチカの予約

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
take

take

旅の楽しみは目的地での観光だけでなく、目的地までの移動も楽しみの一つ。鉄道での移動の時などは車窓から眺める移り変わる風景も楽しむことができます。「乗り物」に焦点を充てて、個人旅行では欠かせない「移動」の楽しみを紹介していきます。

-バス
-, , ,

Copyright© ノリッポ【-NORIIPPO-】 , 2020 All Rights Reserved.