横浜ハンマーヘッド 横浜の新しい観光スポット |【ノリッポ】移動こそ旅の醍醐味!一歩先ゆく旅行の移動手段メディア

船・クルーズ

横浜ハンマーヘッド 横浜の新しい観光スポット

投稿日:2019/10/30 更新日:

国内外の大型クルーズ船が多数発着する港町ヨコハマに新しい客船ターミナルが2019年10月31日に開業します。名前は「横浜ハンマーヘッド」。みなとみらいや赤レンガ倉庫からも徒歩圏内。客船ターミナルだけではなく、商業施設やホテルも入居する複合施設です。クルーズ船の乗下船だけでなく、新しい横浜の観光スポットとしても楽しめる横浜ハンマーヘッドについて紹介します。

クルーズに強い旅行会社

「横浜ハンマーヘッド」の名前の由来

横浜ハンマーヘッドが位置するのは新港ふ頭。日本初の近代的埠頭として横浜港の中心的役割を担ってきた歴史を象徴するのが「ハンマーヘッドクレーン」。この「ハンマーヘッドクレーン」が施設も名称の由来になっています。名称の由来となったハンマーヘッドクレーンは土木学会から選奨土木遺産として認定されていて、横浜ハンマーヘッドからもその雄姿を眺めることができます。豊洲にある「アーバンドック ららぽーと豊洲」ではかつて使用されていた造船所のクレーンを商業施設から眺めることができて、夜はライトアップされます。こうした夜の景観も期待できそうです。

ダイヤモンド・プリンセス号の予約

体験型の商業施設ゾーン「ハンマーヘッド SHOP&RESTAURANT」

横浜ハンマーヘッドの建物は5階建て。1階と2階が「食」をテーマにした商業ゾーン。倉庫をリノベーションしたような空間に新業態・初出店含む25店舗が出店します。「ジャパンラーメンフードホール」には個性的な5店舗が出店します。またロンドンを意識した新しいコンセプトを採用した新業態として国内で初展開する「ピーターラビットカフェ横浜ハンマーヘッド店」や建築家・吉村順三が設計した軽井沢の音楽ホール「ハーモニーハウス」を活用した「ELOISE’s cafe」が横浜に出店、横浜のチョコレートブランド、バニラビーンズが運営する「VANILLABEANS THE ROASTERY」、鎌倉紅谷の人気スイーツ、クルミッ子が出店する「鎌倉紅谷 Kurumicco Factory」、横浜土産「横濱レンガ通り」を製造しているウイッシュボンによるキャラメル専門店「YOKOHAMA CARAMELLABO」など個性的なお店が出店します。ふ頭に停泊している大型クルーズ船を眺めながらグルメを楽しむ、クルーズの乗下船以外の楽しみもあります。

コスタクルーズの予約

ホテル「インターコンチネンタル横浜pier8」が進出

3階から5階はホテルの客室。インターコンチネンタルホテルが進出して「インターコンチネンタルホテル横浜pier8」が開業します。客室数は173室。いずれも45㎡以上のゆったりとした広さです。各階の角にはスイートルームが計12室用意されるとのこと。建物の内側3階より上が吹き抜けになっていて3階部分には日本庭園風の中庭が設けられるとのことです。3方向を海で囲まれた埠頭と一体となった施設ならではの解放感にあふれた眺望を楽しめそうです。

日本発着の外国船クルーズ

クルーズの乗下船だけでなく、デートスポットとしても楽しめる「横浜ハンマーヘッド」。みなとみらいと山下公園や中華街周辺を結ぶ観光スポットとしても人気が出てきそうです。また停泊しているクルーズ船を見てると「クルーズ船に乗ってみたい!」という気持ちが芽生えるかもしれませんね。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
take

take

旅の楽しみは目的地での観光だけでなく、目的地までの移動も楽しみの一つ。鉄道での移動の時などは車窓から眺める移り変わる風景も楽しむことができます。「乗り物」に焦点を充てて、個人旅行では欠かせない「移動」の楽しみを紹介していきます。

-船・クルーズ
-, , ,

Copyright© ノリッポ【-NORIIPPO-】 , 2020 All Rights Reserved.