ライン川クルーズ発着地 アムステルダム 芸術満喫 |【ノリッポ】移動こそ旅の醍醐味!一歩先ゆく旅行の移動手段メディア

船・クルーズ

ライン川クルーズ発着地 アムステルダム 芸術満喫

投稿日:2018/11/07 更新日:

美術館地区で美術や音楽を満喫

日本からもKLMオランダ航空の直行便が成田、関空から発着しているオランダの首都、アムステルダム。市内には網の目のように運河が張り巡らされています。アムステルダムからはクロワジー・ヨーロッパやクリスタル・ドビュッシーなどライン川クルーズの船が発着します。クルーズ乗船の時は前泊、後泊をする人も多いと思います。オランダといえばゴッホやレンブラントなど数多くの芸術家を輩出した芸術大国。そんなアムステルダムの芸術の中心といって過言でないのが美術館地区と呼ばれる一角。アムステルダムの中でも美術館地区について紹介したいと思います

アムステルダム国立美術館

アムステルダム国立美術館はオランダ最大の美術館です。オランダの中世から現代までの芸術と歴史の宝庫です。館内を見学すると正直なところ、とても1日だけでは見ることができない膨大な収蔵品を誇っています。必見なのはレンブラントの「夜警」、
フェルメールの「牛乳を注ぐ女」、「手紙を読む青衣の女」、「恋文」、「小路」の4作品です。

https://www.holland.com/jp/tourism/destinations/amsterdam/museums/rijksmuseum-jp.htm

ゴッホの作品が集結!ゴッホ美術館

世界最大のゴッホのコレクションを収蔵している美術館です。油彩画200点以上、素描画約500点、書簡約750点などが収蔵されています。コレクションを通じてゴッホの生涯と業績を辿ることができます。自画像をはじめ「ひまわり」、「ジャガイモを食べる人々」、「ファン・ゴッホの寝室」といったお馴染みの作品が展示されています。

コンセルヘボウでクラシック音楽鑑賞

ウィーン・フィル、ベルリン・フィルとならんで「ヨーロッパの三大オーケストラ」の一つに挙げられているのがアムステルダムを本拠地とするロイヤル・コンセルヘボウ・アムステルダム管弦楽団。本拠地であるコンセルヘボウのホールは美術館地区の一角にあります。一番高い席でも日本円で1万円以下で驚くほど安く、世界トップレベルの演奏を楽しめます。音楽に興味がある人は必見です。プログラムを確認してぜひお楽しみください。

https://www.holland.com/jp/tourism/destinations/amsterdam/concertgebouw-jp.htm

美術や音楽が好きな人にとっては美術館地区は1日だけでは時間が足りないかもしれません。クルーズ乗船プラスアルファのお薦めのアムステルダム滞在です。

アムステルダム発着のクルーズ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
take

take

旅の楽しみは目的地での観光だけでなく、目的地までの移動も楽しみの一つ。鉄道での移動の時などは車窓から眺める移り変わる風景も楽しむことができます。「乗り物」に焦点を充てて、個人旅行では欠かせない「移動」の楽しみを紹介していきます。

-船・クルーズ
-, , , , , ,

Copyright© ノリッポ【-NORIIPPO-】 , 2020 All Rights Reserved.