ライン川クルーズ発着地 バーゼルの楽しみ方 |【ノリッポ】移動こそ旅の醍醐味!一歩先ゆく旅行の移動手段メディア

船・クルーズ

ライン川クルーズ発着地 バーゼルの楽しみ方

投稿日:2018/11/06 更新日:

ドイツ、フランスとの国境の街バーゼル

バーゼルはスイス第3の都市。ライン川沿いにあり、スイス、フランス、ドイツの国境にあたる交通の要衝として古くから栄えている街です。国際会議も年間を通じて多数開催されていて、豊かな歴史と幅広い文化、芸術、建築などさまざまな魅力がつまっています。16世紀に建てられた印象的な市庁舎と毎日活気あふれる市場が開かれるマルクト広場、中世の趣きを残す美しい旧市街も魅力です。バーゼルはライン川クル—ズ発着地。市内のホテルに宿泊すると、チェックアウト日まで使える市内の交通機関のフリーきっぷがもらえます。クルーズの前泊、後泊も楽しめます。

路面電車と徒歩で3カ国国境越え

ドイツとフランスに国境を面している街、バーゼルならではの体験はスイスからドイツ、そしてフランスへの3カ国国境越え。バーゼルの中心部からトラムと呼ばれる路面電車の8番の系統にまず、乗車します。電車はそのままスイスの国境を越えてドイツへ。Dreiländerbrückeという停留所を降ります。降りると進行方向左手に黄色い建物のショッピングセンターがあります。建物の角を左に曲がってライン川にかかる橋を渡るとそこはフランス。30分程度の時間で国境越えを体験できます。陸続きのヨーロッパならではの楽しみですね。

中世にタイムスリップしたかのような旧市街

ロマネスク様式とゴシック様式が混在する大聖堂を中心に広がる旧市街は可愛らしい木組みの家々が建ち並んでいます。建物の入り口にはそれぞれの建築物の竣工年が刻まれていて、歴史を感じることができます。お洒落なカフェやお店もある旧市街。時間が止まったかのような落ち着きを感じる街歩きも楽しみ方の1つです。

ミュージアムの宝庫、バーゼル

ヨーロッパ最古の公立美術館ともいわれるバーゼル美術館や珠玉のコレクションで知られるバイエラー財団、などの美術館をはじめ、漫画博物館、製紙博物館、楽器博物館、歴史博物館など個性的なミュージアムが市内に点在しています。バーゼルのミュージアム巡りはいかがでしょうか。

スイス最大のクリスマス市、スイス最大のカーニバル、バーゼル・ファスナハトも楽しみの一つ。見どころのいっぱいの街バーゼル。クルーズ乗船の前後を活用してその魅力を楽しんでください。

ライン川クルーズに強い旅行会社

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

take

ホテル、外資系航空会社勤務を経て、個人旅行に特化した旅行会社で企画を担当、お客様の希望に応じた「オーダーメイドの旅」の企画・提案に携わり、ヨーロッパ各地の音楽祭、オペラ・クラシック公演鑑賞、音楽家ゆかりの地巡りなど音楽旅行を中心に手掛ける。現在は「日本再発見」をテーマに西日本を中心に各地に残る歴史・文化遺産の魅力を発信している。過去に手掛けた旅行は1000件以上。奈良大学文学部文化財歴史学科卒業。博物館学芸員資格。日本考古学協会賛助会員。2020年度「吉野アンバサダー」。大分県生まれ、福岡市育ち。

-船・クルーズ
-, , , ,

Copyright© ノリッポ【-NORIIPPO-】 , 2021 All Rights Reserved.