さいたま 新都心発 バス ツアー【ノリッポ】 |【ノリッポ】移動こそ旅の醍醐味!一歩先ゆく旅行の移動手段メディア
観光バス

その他旅行情報

さいたま 新都心発 バス ツアー【ノリッポ】

投稿日:

バスツアーについて

新聞広告などでもよく目にする「バスツアー」。「バスツアー」とは貸切バスで移動しながら旅をする旅行会社主催のパッケージツアーのことで、「募集型企画旅行」と呼ばれる契約形態です。「バスツアー」は旅行会社がツアーの行程の企画、料金設定など商品を造成してから参加者を募集します。通常、「最少催行人数」が設定されていて、「最少催行人数」を満たす参加者が揃うとツアーが実施されます。季節に応じた話題の絶景スポットや、グルメや温泉ほか、旅の旬を熟知している旅行会社の「こだわり」が詰まった魅力的な商品があって選ぶのに迷うほどです。

バスツアーの魅力

「バスツアー」は手軽に旅を楽しむ日帰りツアーが豊富にあります。「バスツアー」の大きな魅力は何といっても移動が楽ということではないでしょうか。公共交通機関ではアクセスが不便な場所でも「バスツアー」なら直行することができます。またマイカーで行く場合、カーナビが普及しているとはいえ、慣れない道の運転でありがちなのが道迷い。道に迷って、大幅に時間をロスすることも少なくないです。道路事情にも精通した「運転のプロ」が運転する「バスツアー」ならそんな心配もありません。また自分で運転しなくてもいいので、日本酒やワインといったアルコールも飲むことができます。また、人気のスポットなどは入場を待つ人の列で時間がかかることもあります。あらかじめコースが設定されている「バスツアー」なら「入場予約」がされていて、スムーズに入場できるといったこともあります。

さいたま新都心 予約・問い合わせ

バスツアー 人気のテーマ

旬の味覚満載!グルメツアー

バスツアーではブランド牛のステーキや、カニやフグ、アワビといった目の前の海でとれた新鮮な海の幸、ケーキからメロンをはじめとした各種フルーツ盛り合わせといったスイーツや地域の人々に長年愛され、親しまれ、そして外からやって来た人たちも魅了するご当地グルメ、伝統的な郷土料理など様々なグルメを楽しむことができます。特に「食べ放題」のツアーではその地域自慢の海の幸やご当地の名産品など、美味しいものを思う存分満喫できて食欲を満たしてくれます。特に人気のあるテーマは「海鮮浜焼き食べ放題」「お寿司食べ放題」「バイキング」「スイーツ食べ放題」といったところでしょうか。

季節のフルーツ狩り

毎年1月から5月を中心とした「イチゴ狩り」、6月の終わりから8月の終わり頃にかけての「桃狩り」、8月から10月にかけての「ぶどう狩り」、8月中旬から10月下旬にかけての「梨狩り」、9月から11月にかけての「りんご狩り」、10月の半ばから1月の終わり頃までの「みかん狩り」といった農園で季節のフルーツを自分たちで収穫できるツアーです。同じ果物でも時期によって収穫できる品種が異なっていて、異なる品種の味覚を味わうこともできます。収穫した果物は持ち帰って家で食べることもできますが、その場で食べることもできます。

いちご狩り

季節の花・紅葉

日本には春夏秋冬の四季があり、それぞれの季節が自然の風景を彩り、美しい景観を楽しませてくれます。梅や桜、芝桜、バラ、菜の花、ネモフィラ、チューリップ、あじさい、ラベンダー、ひまわり、コスモスといった春から秋にかけての花々、そしてイチョウや楓の紅葉など色彩豊かな自然の風景を眺めながら日常を忘れたひと時を過ごすことができます。伊豆の河津桜、あしかがフラワーパークの藤、河口湖の芝桜、ラベンダー、ひたちなか海浜公園のネモフィラ、日光の中禅寺湖や河口湖もみじ回廊をはじめ、紅葉の時期には各地の紅葉スポットへ向かう日帰りバスツアーが連日組まれています。「日帰りバスツアー」ではその土地の観光スポットや日帰り温泉とあわせてコースが組まれています。お花の名所は公共交通機関でのアクセスがあまり良くないところも多く、「バスツアー」ならではのメリットも活きてきます。

修善寺紅葉

日帰り温泉・スパ

日本各地の温泉地の旅館・ホテルでは宿泊に加えて「日帰り温泉」を行っているところが多いです。フルーツ狩りや季節の花をテーマにしたツアーの中で温泉旅館や温浴施設で温泉を楽しむ行程が組まれていることが多いです。滞在時間も60分~90分で組まれているコースが多く、ゆっくりと温泉に浸かって日頃の疲れを癒すことができます。

ほったらかし温泉

さいたま新都心 予約・問い合わせ

さいたま新都市発 日帰り バス ツアー

バスツアーは首都圏各地から発着していますが、さいたま新都心もツアー発着地の一つ。旅行会社によってさいたま新都心発着のツアー集合場所は異なります。大手旅行会社のH.I.S.はさいたまスーパーアリーナの傍、「西口駅前通り」にある「NTTドコモ埼玉ビル」の前が集合場所です。またはとバスは同じくさいたま新都心駅西口、さいたまスーパーアリーナに隣接する「けやき広場 2階交番前」が集合場所です。週末を中心に多くの旅行会社のツアーが発着します。同じ「さいたま新都心」でも集合場所は異なります。集合場所を間違えないように注意が必要です。それではさいたま新都心発着のツアーはどの方面が多いのでしょうか。

さいたま新都心発 山梨 バスツアー 日帰り

富士山周辺がやはり人気。河口湖周辺忍野八海をはじめ、「フルーツ王国山梨」ならではのいちごや桃、さくらんぼやぶどうなど季節のフルーツ狩りと食べ放題、ワイナリー訪問、桔梗信玄餅詰め放題などグルメを楽しめます。清泉寮など八ヶ岳周辺の高原リゾートを訪ねたり、昇仙峡を訪ねたりするコースがあります。

箱根 バスツアー 埼玉発

箱根方面を観光するバスツアーもあります。あります。箱根ロープウェイ大涌谷箱根海賊船に乗って芦ノ湖を遊覧、四季折々の花々を楽しめる強羅公園、パワースポットとしておなじみの箱根神社などを訪ねます。また箱根の初夏の風物詩といえばあじさい。毎年、箱根登山鉄道で運行されるあじさい電車に乗車するコースもあります。

さいたま新都心発 日光 ツアー

地理的に近い群馬や栃木方面。世界遺産日光東照宮をはじめ、迫力の華厳の滝や穏やかな湖面が美しい中禅寺湖、四季折々の花々と冬のイルミネーションでおなじみのあしかがフラワーパークなどを訪ねます。伊香保温泉への日帰り入浴や、蔵の街栃木を訪ねるコースもあります。またH.I.S.のツアーでは関東最大5万株のたんばらラベンダーパークや「日本の滝百選」に選ばれている吹割の滝を訪ねるコースもあります。

バスツアー 宿泊 埼玉発

やはり多いのは立山・黒部アルペンルートを中心に世界遺産・白川郷黒部峡谷鉄道トロッコ列車乗車宇奈月温泉宿泊のコースがあります。

立山連峰

日本テレビの番組「ヒルナンデス」では埼玉県の小江戸川越やムーミンバレーパークを訪ねる日帰りバスツアーの紹介がありましたが、こちらについては残念ですが、「さいたま新都心」発着のツアーはありません。新宿や池袋など都内各所へのアクセスもしやすく、都内の集合場所に向かうことも決して困難というわけではありません。しかし。さいたま新都心発着のツアーがあって、家から近いとうれしいですよね。東京都内発着のツアーとあわせて検討してみてください。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

take

ホテル、外資系航空会社勤務を経て、個人旅行に特化した旅行会社で企画を担当、お客様の希望に応じた「オーダーメイドの旅」の企画・提案に携わり、ヨーロッパ各地の音楽祭、オペラ・クラシック公演鑑賞、音楽家ゆかりの地巡りなど音楽旅行を中心に手掛ける。現在は「日本再発見」をテーマに西日本を中心に各地に残る歴史・文化遺産の魅力を発信している。過去に手掛けた旅行は1000件以上。奈良大学文学部文化財歴史学科卒業。博物館学芸員資格。日本考古学協会賛助会員。2020年度「吉野アンバサダー」。大分県生まれ、福岡市育ち。

-その他旅行情報
-, , , ,

Copyright© ノリッポ【-NORIIPPO-】 , 2021 All Rights Reserved.