【名古屋まつり】太平洋フェリー「船ガチャ」にチャレンジ!お得な「フェリー旅」のチャンス!【ノリッポ】 |【ノリッポ】移動こそ旅の醍醐味!一歩先ゆく旅行の移動手段メディア

フェリー その他旅行情報

【名古屋まつり】太平洋フェリー「船ガチャ」にチャレンジ!お得な「フェリー旅」のチャンス!【ノリッポ】

投稿日:

新型コロナウィルス感染拡大の影響で昨年、一昨年と中止されていた名古屋の秋を彩る「名古屋まつり」。2022年は3年ぶりに開催されます。イベントも盛りだくさんの「名古屋まつり」。2022年はなんと名古屋 – 仙台 – 苫小牧間において定期航路を運行する「太平洋フェリー」が出店。フェリーの旅がとってもお得になる企画を楽しめます。「名古屋まつり」についてはこちらの記事を参照してください。

【名古屋まつり2022】家族・ファミリー・子連れ旅行におすすめ!見どころ徹底紹介

「船ガチャ ~太平洋フェリーで運試し~」とは?

「名古屋まつり」で披露される太平洋フェリーの企画は「船ガチャ 〜太平洋フェリーで運試し〜」。名古屋~仙台が5,000円、名古屋~苫小牧が10,000円という超お得な片道チケットをはずれナシでゲットできます。

イベントの内容

  • 日時 :2022年10月15日(土)・16日(日)※売り切れ次第終了
  • 場所 :名古屋まつり 久屋大通公園会場「エンゼル広場」内
  • 販売価格 :名古屋~仙台(片道)5,000円/ 名古屋~苫小牧(片道)10,000円
    ※上り便・下り便どちらでも利用可能
  • 購入方法 :現金もしくはPayPay
    ※クレジットカード・その他決済方法は利用不可
  • 内容 :上記区間の太平洋フェリー優待乗船券(片道)が必ず1枚当たります。
    特等・1等インサイド・S寝台・B寝台のいずれかがランダムで封入されています。
  • 販売数 :両日各区間100個ずつ
    ※区間に関わらず、1人様合計2回まで参加可能
  • 有効期限 :購入日~2023年10月末まで有効(繁忙期B・C期間除く)

どれだけお得なの?

太平洋フェリーの通常の片道運賃は下記の通り。

          通常運賃
名古屋~仙台 名古屋~苫小牧
B寝台 9,700 14,000
S寝台 10,700 15,700
1等インサイド 13,500 19,600
特等室 19,000 28,200

それがなんと名古屋〜仙台間は片道5,000円名古屋〜苫小牧間は片道10,000円 です。

アップグレードも可能

「船ガチャ」で当たった乗船券は予約する時に下記の差額運賃を支払えばアップグレードも可能です。スイートルームもお得に乗船することができます。

名古屋〜仙台間

S寝台 1等イン 特等室 セミスイート スイート ロイヤルスイート
B寝台 1,000 3,800 9,300 19,200 21,900 36,600
S寝台 2,800 8,300 18,200 20,900 35,600
1等イン 5,500 15,400 18,100 32,800
特等室 9,900 12,600 27,300

名古屋〜苫小牧間

S寝台 1等イン 特等室 セミスイート スイート ロイヤルスイート
B寝台 1,700 5,600 14,200 27,400 31,200 46,900
S寝台 3,900 12,500 25,700 29,500 45,200
1等イン 8,600 21,800 25,600 41,300
特等室 13,200 17,000 32,700

マイカーで「フェリー旅」を楽しめる

「フェリー旅」の魅力の一つはマイカーで乗船できること。「船ガチャ」で当たった乗船券に下記の航送料金を払えばマイカーで乗船することができます。

名古屋~仙台 名古屋~苫小牧
5m未満 16,100 22,800
6m未満 20,000 28,600

太平洋フェリーとは?

ここで「船ガチャ」を行う太平洋フェリーについて紹介します。太平洋フェリーは名鉄のグループ企業で、名古屋~仙台~苫小牧間を運航しています。苫小牧~仙台間は毎日運航、仙台~名古屋間は隔日運行です。「いしかり」「きたかみ」「きそ」の3隻の船を所有していてそれぞれにデザインコンセプトが定められています。「いしかり」は「エーゲ海の輝き」、きそ」は「南太平洋のしらべ」、「きたかみ」は「SPACE TRAVEL」です。「クルーズシップ・オブ・ザ・イヤー」のフェリー部門で太平洋フェリーの船は通算29年連続(2022年10月現在)で第1位を受賞。ハイクオリティな船内サービスが魅力で思い出に残る「フェリー旅」になること間違いナシです。

太平洋フェリーの予約

まとめ

フェリーは近年、設備が充実していて、まるでホテルに滞在しているかのような感覚で乗船することができます。「ブルートレイン」の愛称でも親しまれた寝台列車はほとんど姿を消した現在、陸路での移動では経験できなくなってしまった旅情を感じながらのんびりゆったりとした移動をフェリーでは楽しめます。「船ガチャ」にチャレンジしてお得な乗船券をゲットして、サービスに定評にある太平洋フェリーで「フェリー旅」を楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

take

ホテル、外資系航空会社勤務を経て、個人旅行に特化した旅行会社で企画を担当、お客様の希望に応じた「オーダーメイドの旅」の企画・提案に携わり、ヨーロッパ各地の音楽祭、オペラ・クラシック公演鑑賞、音楽家ゆかりの地巡りなど音楽旅行を中心に手掛ける。現在は「日本再発見」をテーマに西日本を中心に各地に残る歴史・文化遺産の魅力を発信している。過去に手掛けた旅行は1000件以上。奈良大学文学部文化財歴史学科卒業。博物館学芸員資格。日本考古学協会賛助会員。2020年度「吉野アンバサダー」。大分県生まれ、福岡市育ち。

-フェリー, その他旅行情報
-, , , ,

Copyright© ノリッポ【-NORIIPPO-】 , 2022 All Rights Reserved.