京都 観光 嵐山【ノリッポ】 |【ノリッポ】移動こそ旅の醍醐味!一歩先ゆく旅行の移動手段メディア
嵐山

その他旅行情報

京都 観光 嵐山【ノリッポ】

投稿日:

桂川にかかる渡月橋越しに見る雄大な山々。春は一面の桜でピンクに染まり、夏はさわやかな新緑をまとい、秋は赤や黄など紅葉の複雑な色彩で彩られ、冬は美しく雪化粧。一年を通して、訪れる人の目を楽しませてくれる景勝地。そんな嵐山の観光について観光スポット、グルメ、宿泊施設の紹介をします。

嵐山 観光スポット おすすめ

渡月橋

嵐山の中でも代表的なスポットが渡月橋。渡月橋は嵯峨野と嵐山を隔てて流れる桂川に架かる橋。平安時代の承和年間(834 – 848)に僧道昌によって橋が架けられたのが最初と伝えられています。高瀬川を開削した京都の豪商だった角倉了以によって現在の位置に橋が架けられたと伝えられています。渡月橋という橋の名前の由来は亀山上皇が、橋の上空を移動していく月を眺めて「くまなき月の渡るに似る」と感想を述べたことによります。

野宮神社

野宮は天皇の代理で伊勢神宮にお仕えする斎宮に選ばれた皇女、女王が伊勢に行かれる前に一年間、ここに籠って身を清められたところです。良縁・子宝・学問のご利益があり、特に「縁結び」の神様として有名な神社で「源氏物語」の「賢木の巻」に登場する歴史深い神社です。

竹林の小径

野宮神社から天龍寺北門を通り大河内山荘へ抜ける約400mの道で、渡月橋と並ぶ嵐山を代表する観光スポット。平安時代には貴族の別荘地であり、青々とした竹が続きます。ハイシーズンは観光客で非常ににぎわうので、朝早い時間帯や、混雑が比較的少ない平日に足を運ぶと静寂な雰囲気を味わいながら歩くことができる確率が高くなります。

竹林の小径

二尊院

寺の名前は本尊の「発遣の釈迦」と「来迎の阿弥陀」の二如来像に由来しています。「小倉百人一首」でおなじみの小倉山の麓にある寺院。嵯峨天皇の勅願により、承和年間(834~848)に創建されました。寺の総門は伏見城から移築したと伝えられています。

二尊院

祇王寺

「平家物語」ゆかりの寺院。祇王が尼となり、母と妹とともに移り住んだと伝わる寺院です。境内は美しい青竹や楓に覆われていて、苔に包まれた庭園と、侘びた庵が趣深いです。祇王や母の刀自(とじ)、妹の祇女(ぎじょ)、仏御前、清盛の木像が安置されていて、祇王らを祀る宝篋印塔、清盛を供養する五輪塔もあります。

祇王寺 - 京都フリー写真素材集:京都の神社・寺院・観光地・世界遺産写真が無料!

天龍寺

臨済宗天竜寺派の総本山。足利尊氏が後醍醐天皇の霊を慰めるため、暦応二年(1339)に夢窓国師を開山として開かれました。造営費用を捻出するために元に派遣された貿易船が「天龍寺船」です。「曹源池庭園」は亀山や嵐山を借景にした池泉廻遊式で優美な王朝の大和絵風の伝統文化と宋元画風の禅文化が巧みに融け合った独特の美しさが魅力です。室町時代に足利義満によって定められた「京都五山」の中で第一位を占めていました。世界遺産「古都京都の文化財」の構成資産の一つになっている寺院です。

天龍寺

常寂光寺

百人一首で詠まれる小倉山の中腹のある日蓮宗の寺院。日蓮宗大本山本圀寺第16世日禎が隠棲の地として開山しました。常寂光土のような風情から常寂光寺の寺号が付けられたといわれています。本堂は小早川秀明の助力によって伏見城の客殿を移築したものです。本堂背後の山腹にある塔婆(多宝塔)は国指定重要文化財。「小倉百人一首」を定めた藤原定家の山荘があったとされる場所には碑が建てられています。嵯峨野を一望できる眺望もおすすめです。

常寂光寺

清涼寺

「嵯峨の釈迦堂」で知られる寺院です。元々は源融(みなもとのとおる)の山荘棲霞観(せいかかん)があったが、後に寺となって棲霞寺と名づけられました。寛和三年(987)nに中国から帰国した奝然(ちょうねん)が中国の五台山を模して、大清凉寺の建立を計画したが、完成せず、弟子盛算が引き継いで開山しました。本尊の木造釈迦如来立像は国宝に指定されています。

清涼寺

大覚寺

真言宗大覚寺派の本山。貞観18年(876)に嵯峨天皇の離宮嵯峨院を寺院に改め、明治時代初頭まで天皇もしくは皇統の方が住職を務めた皇室ゆかりの門跡寺院であり、嵯峨御所として知られる。鎌倉時代後期から南北朝時代にかけて皇位が皇統や所領の継承をめぐって争った2つの皇統の一つ「大覚寺統」(南朝)は後宇多天皇が大覚寺に住んだことから名づけられました。境内の東側に広がる名勝大沢池は、唐の洞庭湖を模して造られた平安前期の様式を伝える現存する日本最古の林泉式庭園です。

大覚寺

嵯峨野トロッコ列車

嵐山散策とあわせて楽しみたいのが嵯峨野トロッコ列車。JR嵯峨嵐山駅のそばにあるトロッコ嵯峨駅と戦国武将明智光秀の居城だった亀山城がある亀岡市のトロッコ亀岡駅の間7.3㎞を25分でつなぐ観光列車。沿線は春の桜、四季折々の保津川渓谷の美しさを満喫することができます。全席指定。指定席券は乗車日 の1ヶ月前からJR西日本のインターネット予約サービス「 e5489」もしくは 京阪神エリアの一部の駅、全国の主な旅行会社で発売しています。トロッコ列車に乗った後は「保津川下り」で嵯峨まで戻るのがおすすめです。

嵯峨野トロッコ列車

嵐山 グルメ おすすめ

嵐山観光でランチを食べたり、散策途中でちょっと立ち寄って一休みできるおすすめのお店を厳選して紹介します。

よーじやカフェ 嵯峨野嵐山店

京都で100年以上の歴史を誇るコスメショップ「よーじや嵯峨嵐山店」に併設されているカフェです。吹き抜けや坪庭など、古民家のつくりをお洒落に生かした空間です。ショッピングも一緒に楽しめます。

豆腐料理 松ヶ枝

自家製のそば豆腐と抹茶豆腐を堪能できます。お店は多くの文人が集い遊んだ明治の日本画家川村曼舟の旧邸宅です。

musubi cafe

「楽穀菜食」と「地産地消」をテーマに、できる限り地元京都産、また京都近郊でとれた食材を使用した管理栄養士考案のカレーや和洋のセットメニューを楽しめます。

京都 観光 嵐山 ホテル

日本を代表する観光地だけあって京都市内にはホテル、旅館もたくさんあります。予算や立地などホテルを選ぶにあたって条件は色々あると思いますが、それぞれの条件に見合うと思われるホテル、旅館を厳選して紹介します。

嵐山温泉 彩四季の宿 花筏

渡月橋を渡ってすぐに位置し、嵐山の絶景を楽しめる温泉旅館。展望露天風呂からは、遠く霊峰愛宕山を望むことができます。食材にこだわった料理長の伝統の技が冴える懐石料理をはじめ、嵐山ならではの湯豆腐料理など四季折々の美味を楽しめる食通にもおすすめの旅館です。

えびす旅館

京都駅八条口を出て徒歩7分の立地にある旅館。名前は七福神の1柱であり、富と旅行安全の神、えびす様にちなんで名づけられました。伝統とモダンが融合した町屋風和モダンな旅館です。部屋はオープンフロアで琉球畳や布団、座卓など「和」の雰囲気を肩肘張ることなく、堪能することができます。1階フロントでは長旅や観光などの疲れを癒してリラックスしていただけるよう、コーヒーや紅茶などの飲み物を提供しています。気軽に泊まることができる和風旅館です。京都市内各地へのバスは京都駅が起点。観光の拠点に便利。予算重視の人におすすめ。

えびす旅館

TSUGU 京都三条 by THE SHARE HOTELS

大正レトロな美しい外観とスタイリッシュな内装を併せ持つデザイナーズホテルです。最寄り駅は地下鉄の烏丸御池駅。二条城も徒歩圏内です。アパレルブランドJOHNBULLのショップやこだわりの自家焙煎コーヒーが自慢のカフェも併設しています。建物は建物は登録有形文化財が一部のこる旧日本生命京都三条ビルを使用しています。

ホテルグランヴィア京都

京都駅ビル内にあるJR西日本系列のデラックスホテルです。京都駅に直結。温かみのある洗練された客室にモダンアートを取り入れた内装が魅力。最終日もホテルに荷物を預けてゆっくり京都市内を観光することができます。嵐山だけでなく、京都市内の他のエリアを観光したい人におすすめ。

三井ガーデンホテル京都新町 別邸

京都の風情が残る新町通の旧松坂屋京都仕入店跡地に佇むホテル。「京都の伝統を継承し、再生する」をコンセプトに、新町通の街並みに調和する外観デザインや柱梁、灯篭を用いた和モダンなホテル。グッドデザイン賞受賞。

京都 観光 嵐山 予約・問い合わせはこちらから

京都の観光スポットは盆地の周縁部に多いのが特徴。これは平安京遷都の一員となった仏教勢力の政治への介入を嫌った当時の朝廷が都の中に寺院の建築を認めなかったことが一因です。京都の観光はエリアを絞って1日ずつ観光するのがおすすめ。嵐山観光の参考にばれば光栄です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

take

ホテル、外資系航空会社勤務を経て、個人旅行に特化した旅行会社で企画を担当、お客様の希望に応じた「オーダーメイドの旅」の企画・提案に携わり、ヨーロッパ各地の音楽祭、オペラ・クラシック公演鑑賞、音楽家ゆかりの地巡りなど音楽旅行を中心に手掛ける。現在は「日本再発見」をテーマに西日本を中心に各地に残る歴史・文化遺産の魅力を発信している。過去に手掛けた旅行は1000件以上。奈良大学文学部文化財歴史学科卒業。博物館学芸員資格。日本考古学協会賛助会員。2020年度「吉野アンバサダー」。大分県生まれ、福岡市育ち。

-その他旅行情報
-, , , , , , , , ,

Copyright© ノリッポ【-NORIIPPO-】 , 2021 All Rights Reserved.