静岡ディスティネーションキャンペーン アフターキャンペーン【ノリッポ】 |【ノリッポ】移動こそ旅の醍醐味!一歩先ゆく旅行の移動手段メディア

その他旅行情報

静岡ディスティネーションキャンペーン アフターキャンペーン【ノリッポ】

投稿日:2020/03/30 更新日:

新幹線+ホテルセットプラン
2019年にディスティネーションキャンペーンが開催された静岡。2020年はアフターキャンペーンが実施されます。日本の象徴富士山をはじめ首都圏からも気軽に足を運びやすい熱海や伊豆、徳川家ゆかりの地で、お茶や浜名湖のうなぎといった名産品、また「サッカー王国」として数多くの名サッカー選手を輩出した静岡県。東西に長い静岡県の魅力を感じる3ヵ月になります。

ディスティネーションキャンペーンとは?

ディスティネーションキャンペーンは地方自治体、地元関係者等とJRグループ6社及び旅行会社が協力して、3か月間の開催期間に重点的かつ集中的な広告宣伝やプロモーション活動などを実施。全国から観光誘客を図り、地域を活性化させることを目的とする国内最大級の観光キャンペーンです。静岡県では19年ぶりの開催でした。前年のプレキャンペーンと後年のアフターキャンペーンを加えた3カ年をキャンペーン期間として数々のプロモーション活動が実施されます。

静岡県 エリア別の魅力紹介

「静岡ディスティネーションキャンペーンアフターキャンペーン」では県内を5つのエリアにわけて、その魅力を紹介しています。

伊豆エリア

首都圏からも足を運びやすい観光地伊豆。良質の温泉に癒されながら自然景観と海の幸を堪能することができます。幕末には日米修好通商条約が締結されて下田が日本で一番最初の開港した港になりました。また川端康成の小説「伊豆の踊子」の舞台になり、鎌倉時代には2代将軍源頼家が非業の死を遂げた修禅寺など、歴史の魅力も満載です。北条氏ゆかりの願成就院では国宝の本尊「阿弥陀如来坐像」が特別公開。また修禅寺では一般に公開されていない本堂と、須弥壇に安置されている実慶作の重要文化財「大日如来坐像」、「東海第一園」と呼ばれる修禅寺方丈の庭園を楽しむことができます。また韮山反射炉は世界遺産「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の構成遺産です。

富士山エリア

日本の象徴富士山。海外からの観光客からも絶大な人気を誇っています。「富士山のおひざ元」で日本人の心をひきつけてやまない富士山の魅力を感じることができます。浅間神社は世界遺産の構成資産の一つです。

するがエリア

徳川将軍家ゆかりの地するがエリア。徳川家康は将軍職を息子秀忠に譲った後、駿府城で隠居、この地を拠点にして「大御所政治」を展開しました。三保の松原は富士山の景観を臨むことができる世界遺産の構成資産。また隈研吾設計の日本平夢テラスでは駿河湾の景観を三保の松原、そして富士山を眺めることができる絶景ポイントです。また徳川家康が祀られている久能山東照宮では「歴代将軍名宝展」が開催されています」。

中東遠エリア

新緑の茶畑が広がり、のどかな風景が広がっています。日本100名城の一つに数えられている掛川城と歴史的建造物が残されている城下町、登ることができて、一面に広がる太平洋の絶景と好天時には富士山の雄姿を楽しむことができる御前崎灯台などが見どころです。

浜松・浜名湖エリア

ヤマハやカウィといった日本を代表する楽器メーカー発祥の地、浜松。「浜松国際ピアノコンクール」が開催される「音楽の町」です。また浜松城は徳川家康が17年間在城しました。浜松城は、江戸幕府300年の原点となった出世城東海道新幹線からもその景観を楽しめる浜名湖はうなぎの産地。本場のうなぎも楽しむことができます。浜松市楽器博物館は日本で唯一の公立楽器博物館。はままつフラワーパークは2020年が開園50周年。恒例の「浜名湖花フェスタ」が3月20日から6月14日まで開催されています。

東海道新幹線でアクセス良好、ついつい通過しがちな静岡県ですが、東西にわたってたくさんの魅力的な観光スポットが点在しています。また実は富士山の絶好の観賞スポット、清水には近年、大型クルーズ船も入港しています。静岡への旅、いかがでしょうか。
新幹線+ホテルセットプラン

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
take

take

旅の楽しみは目的地での観光だけでなく、目的地までの移動も楽しみの一つ。鉄道での移動の時などは車窓から眺める移り変わる風景も楽しむことができます。「乗り物」に焦点を充てて、個人旅行では欠かせない「移動」の楽しみを紹介していきます。

-その他旅行情報
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© ノリッポ【-NORIIPPO-】 , 2020 All Rights Reserved.