【九州】紅葉巡り 秋の家族・ファミリー旅行におすすめのスポット厳選紹介~2022年版~【ノリッポ】 |【ノリッポ】移動こそ旅の醍醐味!一歩先ゆく旅行の移動手段メディア

その他旅行情報

【九州】紅葉巡り 秋の家族・ファミリー旅行におすすめのスポット厳選紹介~2022年版~【ノリッポ】

投稿日:

家族旅行はいつまで経ってもかけがえのない思い出になります。日常を離れて、家族水入らずで過ごすひと時は、「家族の絆」を改めて感じることができるいい機会。秋といえば紅葉。日本全国各地で自然が織りなす色彩の世界を堪能することができて、家族・ファミリーでそろって楽しむことができます。ここでは九州エリアで家族・ファミリーにおすすめの紅葉スポットを紹介します。

九州の紅葉巡り おすすめスポット厳選15選

秋月城下町(福岡県)

「筑前の小京都」と呼ばれている秋月城下町。端正な城下町の街並みが今も残されていて、伝統的な建造物の数々はもちろん、春の桜とともに秋の紅葉と四季折々の日本的な景観も楽しめます。城下町一帯は国の重要伝統的建造物保存地区に指定されています。江戸時代にタイムスリップした気分を家族・ファミリーで味わうことができます。

秋月城下町_紅葉

竈門神社(福岡県)

神々が宿る山として崇められてきた宝満山の麓に鎮座する神社。縁結びの神様として親しまれており、秋の紅葉シーズンには300本あるカエデなどが様々な色に変化し境内を彩ります。紅葉参道の階段周辺は紅葉が集中していて、見渡す限りの赤いグラデーションが美しいです。紅葉のライトアップもあります。世界的なインテリアデザイナーが意匠を手がけた授与所やイギリス人プロダクトデザイナーがデザインした御影石のスツールやベンチが置かれた展望舞台はスタイリッシュ。伝統建築と現代アートが調和している神社です。

竈門神社_紅葉

【福岡 家族旅行】 おすすめホテル・旅館

紅葉八幡宮(福岡県)

室町時代に建立され、江戸時代には福岡藩主黒田家の守護神として、現在は早良の総守護として篤く崇敬をされている神社。シーズンには境内の紅葉がライトアップも実施されて、幻想的な景色を楽しめます。

環境芸術の森(佐賀県)

佐賀県唐津市厳木町にある標高887mの作礼岳(サクレイダケ)の中腹にあります。造園業を営む環境芸術家の鶴田正明さんが「昔の森を取り戻す」という信念を持って、山の地形や自生している植物を活かしながら、30年以上の長い年月をかけて植樹を行い、森づくりを手がけました。入り口近くにある「風遊山荘」は、100年前の建築物の廃材を利用して建てられました。30haにも及ぶ敷地にはカエデやイチョウなど1万本以上が植えられていて、現在では佐賀県を代表する紅葉スポットになっています。

環境芸術の森

大興善寺(佐賀県)

福岡県と佐賀県の県境にある天台宗の寺院です。奈良時代の養老元年(717)に行基が開いた由緒ある寺院です。別名「つつじ寺」と呼ばれていて、大正末期に植えられたツツジは、現在5万本にも及びます。秋は契山ふもとの大興善寺契園を中心に、500本のモミジの紅葉が楽しむことができて、家族・ファミリーで境内の風情ある景観と融合した見事な秋の風情を堪能することができます。紅葉シーズンには「紅葉まつり」も開催されます。

大興善寺

九年庵(佐賀県)

明治時代に佐賀の大実業家伊丹弥太郎が築成した近世和風の数寄屋建築の別荘と庭園で、国指定名勝です。庭園を敷き詰める青々とした苔と、深く燃えるような紅葉の対比が美しく、見応え抜群。毎年、紅葉の時期のみ一般公開が行われます。

九年庵

御船山楽園(佐賀県)

佐賀藩の支藩、武雄藩の領主だった鍋島茂義の別邸跡で断崖が切り立つ御船山を借景にした約15万m2の広さを誇る池泉式庭園です。4月中旬から5月中旬にかけて、約20万本にも及ぶキリシマツツジとクルメツツジに加えて、藤の花やシャクナゲが咲き誇り、園内は華やかに彩られます。秋葉はイロハカエデやヤマモミジ、オオモミジ、イタヤカエデなど、赤や黄色の色とりどり様々な紅葉を楽しめます。秋に実施されるライトアップは日本でも最大級で幻想的な世界を家族・ファミリーで堪能することができます。

御船山楽園_紅葉

嬉野温泉で子連れ・ファミリー・家族旅行におすすめのホテル・旅館

雲仙仁田峠(長崎県)

春には峠にツツジが咲誇り、夏の緑、秋の紅葉、冬の霧氷と一年を通じて四季折々の自然景観を家族・ファミリーで楽しめます。仁田峠から妙見山頂へは展望360度の空中散歩が楽しめる雲仙ロープウェイが運行しています。ロープウェーからは島原半島を囲む美しい海や、間近に迫る平成新山の迫力を眺めながら、一面に仕切るめられた艶やかな色彩のじゅうたんを家族・ファミリーで楽しめます。

仁田峠_紅葉

雲仙の宿泊予約

菊池渓谷(熊本県)

阿蘇外輪山の北西部に位置していて、大小様々な瀬や滝が連続する美しい渓谷です。春の瑞々しい新緑、夏の冷たい清流、秋の美しい紅葉、冬の幻想的な樹氷など四季折々に変化するフォトジェニックな自然景観を楽しめます。秋には雄大な滝と紅葉のコラボレーションを家族・ファミリーで満喫できます。

菊地渓谷_紅葉

【熊本・阿蘇】黒川温泉で子連れ・ファミリー・家族におすすめのホテル・旅館

耶馬溪・新耶馬溪(大分県)

福岡県の県境に近い山国川の上流に位置している耶馬渓。紅葉の名所として知られていますが、新緑の季節もなかなかです。「日本新三景」、「日本三大奇勝」の一つにそれぞれ数えられていて、火山活動による凝灰岩や凝灰角礫岩、熔岩からなる台地の侵食によってできた奇岩の連なる絶景です。群猿山、鳶ノ巣山、嘯猿山、夫婦岩、雄鹿長尾の峰、烏帽子岩、仙人岩、海望嶺などの周囲の岩峰群が一望できることから名づけられた「一目八景」をはじめ、自然美を家族・ファミリーでたっぷり楽しめます。

関連リンク:耶馬溪 観光

耶馬渓_紅葉

九重夢大吊橋(大分県)

「九重“夢”大吊橋」は鳴子川渓谷の標高777m地点に架かる長さ390m、川床からの高さ173mでともに日本一の規模を誇る日本一の人道専用吊橋。橋の上からは日本の滝百選に選ばれた震動の滝の雄滝や雌滝、紅葉で有名な九酔渓の絶景を楽しめます。秋になると断崖絶壁が赤く彩られ、美しい自然景観を家族・ファミリーで楽しめます。

九重夢大吊橋_紅葉

くじゅう連山(大分県)

くじゅう高原のある「阿蘇くじゅう国立公園」は「明日の日本を支える観光ビジョン」に基づく「国立公園満喫プロジェクト」に選ばれた8つの国立公園の一つ。くじゅう連山などの火山群とその周囲に広がる雄大でなだらかな高原、そして湧き上がる豊かな温泉が魅力です。初夏には山一面がピンクのじゅうたんのようにミヤマキリシマで埋め尽くされ、とても幻想的。秋には山々が色鮮やかな赤や黄に彩られ、山麓にはススキの穂が黄金色に輝いています。くじゅう連山の堂々とした山容と一体となった雄大な風景は圧巻です。

くじゅう連山_紅葉

【おんせん県おおいた】由布院温泉で子連れ・ファミリー・家族におすすめのホテル・旅館15選

国東半島(大分県)

国東半島は宇佐神宮・弥勒寺に伝わった天台宗の実践の場として、九州ではいち早く仏教が栄えた地域であり、宇佐・八幡神の影響を強く受けながら、厳しい地形での修行を好む山岳宗教との融合を経て、神仏習合の独特の文化が花開きました。本堂が国宝に指定されている富貴寺や旧千燈寺をはじめ、受け継がれてきた文化が根付く自然景観は情緒たっぷりです。

富貴寺_紅葉

【おんせん県おおいた】別府で子連れ・ファミリー・家族におすすめのホテル・旅館15選

高千穂峡(宮崎県)

高千穂は熊本県、大分県との県境にある「神々の里」。神話や伝説が言い伝えられているスポットが数多く残ります。自然が織りなす美しく神秘的な景観やパワースポットとしても知られる神社を巡って、「神話のふるさと」の魅力を感じることができます。高千穂峡は阿蘇山の火山活動で噴出した火砕流が五ヶ瀬川に流れ出て冷え固まり侵食された断崖がそそり立つ峡谷です。峡谷内には「日本の滝百選」に選ばれている真名井の滝があります。流れ落ちる高さ17mの滝は神秘的な魅力抜群。秋には荒々しいV字型の峡谷に、モミジやカエデなどが彩りを添える。御橋や滝見台から真名井の滝を見下ろすと絶景を家族・ファミリーで楽しめます。

高千穂_紅葉

高千穂の宿泊予約

霧島神宮(鹿児島県)

建国神話の主人公である瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)を祀る6世紀の創建といわれる由緒ある神社です。当初はて高千穂峰と御鉢「噴火口」の間に社殿が造られたとされていますが、噴火のため度々炎上したようです。文明16年(1484年)に薩摩国の守護であった島津忠昌の命を受けて、真言宗の僧侶、兼慶上人によって現在の地に再建されました。その後もたびたび火災に遭い現在の社殿は正徳5年(1715年)に薩摩藩主島津吉貴によって寄進されました。境内は四季折々の花と紅葉の名所です。紅葉の時期には格調高く、境内を彩る紅葉と豪華絢爛な朱塗りの社殿が映えていて見ごたえもあります。

関連リンク:霧島 観光

霧島神宮_紅葉

霧島温泉郷・霧島神宮の宿泊予約

JR九州 D&S列車 「36ぷらす3」で九州一周

JR九州ではD&S列車と呼ばれる観光列車を九州各地で運行していて、訪れる人に旅の思い出を提供しています。2020年10月15日に運行を開始した九州を一周する観光列車が「36ぷらす3」。車窓から景観を楽しんで、九州各地の州の豊かな自然、温泉、歴史・文化遺産、グルメを満喫することができます。詳細は下記リンクから。

JR九州 観光列車で九州一周旅行

JR九州公式サイト:D&S列車の旅

まとめ

九州といえば温泉。別府・由布院をはじめ九州各県に魅力的な温泉地がたくさんあります。また各県それぞれバラエティに富んだ郷土料理を楽しめるので紅葉以外の楽しみもいっぱい。九州への家族・ファミリー旅行の参考になると幸いです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

take

ホテル、外資系航空会社勤務を経て、個人旅行に特化した旅行会社で企画を担当、お客様の希望に応じた「オーダーメイドの旅」の企画・提案に携わり、ヨーロッパ各地の音楽祭、オペラ・クラシック公演鑑賞、音楽家ゆかりの地巡りなど音楽旅行を中心に手掛ける。現在は「日本再発見」をテーマに西日本を中心に各地に残る歴史・文化遺産の魅力を発信している。過去に手掛けた旅行は1000件以上。奈良大学文学部文化財歴史学科卒業。博物館学芸員資格。日本考古学協会賛助会員。2020年度「吉野アンバサダー」。大分県生まれ、福岡市育ち。

-その他旅行情報
-, , , ,

Copyright© ノリッポ【-NORIIPPO-】 , 2022 All Rights Reserved.