【フェリーさんふらわあ】マイカー 九州 周遊【ノリッポ】 |【ノリッポ】移動こそ旅の醍醐味!一歩先ゆく旅行の移動手段メディア
フェリーさんふらわあ

フェリー

【フェリーさんふらわあ】マイカー 九州 周遊【ノリッポ】

投稿日:2020/11/06 更新日:

瀬戸内海を航海するフェリーが「さんふらわあ」。運航している区間は「大阪~別府」、「神戸~大分」、「大阪~志布志(鹿児島)」の3つの航路です。いずれも夕方に出発して、翌日の早朝に目的地に到着します。フェリーの旅の魅力はマイカーと一緒に旅ができること。フェリーに乗ってマイカーで九州を旅してみてはいかがでしょうか。

フェリーさんふらわあの魅力

現在、各フェリーとも船内設備が充実していて、ホテル並みの客室設備を備えています。「さんふらわあ」には展望大浴場があり、夕方と朝に入浴することができます。もちろん、無料で使うことができます。船の窓から瀬戸内海の景色も楽しむことができます。また航行中に明石海峡大橋、瀬戸大橋、来島大橋の三大架橋の下を通過します。それぞれの橋でライトアップが行われる日もあり、船上から美しく照らされた橋を眺めながら航行することもできます。また「ハローキティ」をテーマにしたハローキティールーム、「くまもん」をテーマにしたくまモンと夢見る船旅ルームは小さな子供のいる家族旅行にはおススメです。

フェリーさんふらわあ 九州マイカー周遊プラン

プラン概要

往復「さんふらわあ」利用+ホテルのお得なセットプランが「九州マイカー周遊プラン」。フリープランなので滞在中の行程は自由自在にアレンジすることができます。往路が「大阪~別府」もしくは「神戸~大分」、復路が「大阪~志布志(鹿児島)」もしくはその逆で往復のルートを選ぶことができます。船室は個室利用で、現地宿泊は2泊から最大7泊まで選ぶことができます。日ごろから乗り慣れているマイカーの利用。旅の自由度も高まるだけでなく、家族旅行にもおすすめです。

充実したホテルラインナップ

現地宿泊のホテルも充実しています。例を挙げると

別府:ホテル白菊、杉乃井ホテル、美湯の宿両築別邸、もと湯の宿黒田や、おにやまホテルなど
由布院温泉:ゆふいん山水館、柚冨の宿彩岳館、ゆふいんホテル秀峰館、由布の御宿山もみじ
久住高原:レゾネイトクラブくじゅう、久住高原コテージ
黒川温泉:湯峡の響き優彩、瀬の本館夢龍胆、黒川荘、瀬の本高原ホテル
高千穂:高千穂旅館神仙
阿蘇:阿蘇ホテル、阿蘇プラザホテル
指宿温泉:指宿白水館、指宿いわさきホテル、指宿シーサイドホテルなど
霧島高原:霧島ホテル、霧島国際ホテル、霧島観光ホテル、ラビスタ霧島ヒルズ
鹿児島:SHIROYAMA HOTEL kagoshima など。

各種口コミでも高い評価をいただいている宿が並んでいます。源泉かけ流しの宿、地域の名物を堪能できる料理自慢の宿、由緒と格式を誇る老舗の宿など九州の自然と温泉、そして味覚を余すことなく楽しむことができて、旅の思い出をより一層灌漑深いものとなることでしょう。

フェリーの予約はこちらから

フェリーさんふらわあ おすすめドライブスポット 「阿蘇くじゅう国立公園」

「阿蘇くじゅう国立公園」は大カルデラにそびえる阿蘇山やその北に連なるくじゅう連山などの火山群、そして、その周囲に広がる雄大でなだらかな草原、そして湧き上がる豊かな温泉が魅力。車だからこそ、満足できる家族やカップル、女子旅すべての世代におすすめの観光スポット。下記は豊富な見どころのごく一部です。

  • 日本の滝百選に選ばれた震動の滝の雄滝や雌滝、紅葉で有名な九酔渓の絶景を楽しめる「日本一の人道の吊り橋」の「九重夢大吊橋」
  • くじゅう連山と高山植物を楽しめるラムサール条約に登録されている「タデ原湿原」
  • くじゅう連山や遠くに阿蘇五岳を背景とした美しい自然が満喫できて、春はチューリップやビオラ、シバザクラ、ポピー、初夏から夏にかけてはラベンダーやひまわり、秋はラベンダーやケイトウ、ひまわりと四季折々の花々を楽しめるくじゅう花公園」
  • 360度の大パノラマが楽しめる阿蘇随一のビュースポットで、阿蘇の街並みや阿蘇五岳、くじゅう連峰までが一望できる「大観峰」
  • 烏帽子岳の北麓にひろがる浅い皿形の大草原で噴煙を上げる中岳を眺めることができる「草千里」
  • 毎分60トンもの湧水が地底の砂とともに、勢いよく湧き上がり、とうとうと流れる「日本の名水100選」の一つ「白川水源」

九州は公共交通機関も本数が限られていて、時間の制約が大きくなったり、効率よく観光できなかったりすることも多くなります。マイカーならそんな心配なく、自由度の高い旅を楽しむことができます。レンタカーもいいけれど、日ごろから乗り慣れているマイカーの旅はより安心。九州の大自然と味覚を余すところなく、楽しむことができます。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
take

take

ホテル、外資系航空会社勤務を経て、旅行会社で企画を担当、お客様の希望に応じた「オーダーメイドの旅」の企画に携わり、ヨーロッパへの音楽旅行、日本各地に残る歴史・文化遺産の魅力を発信しています。旅の楽しみは目的地での観光だけでなく、移動も楽しみの一つ。車窓から眺める風景など、個人旅行では欠かせない「乗り物」での「移動」の楽しみを紹介していきます。立教大学ならびに奈良大学文学部文化財歴史学科卒業。博物館学芸員資格。日本考古学協会賛助会員。2020年度「吉野アンバサダー」。大分県生まれ、福岡市育ち。

-フェリー
-, , , , , , ,

Copyright© ノリッポ【-NORIIPPO-】 , 2021 All Rights Reserved.