箱根 元箱根・箱根町 おすすめ温泉日帰りプラン【ノリッポ】 |【ノリッポ】移動こそ旅の醍醐味!一歩先ゆく旅行の移動手段メディア

その他旅行情報

箱根 元箱根・箱根町 おすすめ温泉日帰りプラン【ノリッポ】

投稿日:2020/06/18 更新日:

毎年正月に行われる箱根駅伝をテレビで見る人も多いと思います。往路のゴール、復路のスタート地点になる芦ノ湖畔。晴れているときは富士山の雄姿も楽しむことができます。芦ノ湖畔にも日帰りで温泉を楽しめる旅館があります。芦ノ湖畔の日帰りプランのある旅館を紹介します。

元箱根・箱根町の日帰り温泉プラン

小田急山のホテル

岩﨑小彌太男爵別邸跡地に建つのが1948年創業の「山のホテル」。当時の面影を色濃く残し、レトロな雰囲気が漂っています。「山のホテル」の最大の見どころは広大な敷地を誇る大庭園。毎年5月はツツジが花開きますが、このツツジはかつて男爵別邸だったころに植えられ、今日まで受け継がれてきています。また箱根の初夏の風物詩あじさいやバラなど四季折々の花々を楽しむことができます。そんな山のホテルでの日帰り滞在を楽しめるプランは次の2つがあります。

お部屋付き日帰り入浴 ~伝統のランチと美肌の湯~

レストラン「ヴェル・ボワ」または日本食レストラン「つつじの茶屋」でのランチと客室での滞在を楽しめるプランです。客室は庭園や芦ノ湖を一望できる30.4㎡のツインルーム。自家源泉の天然温泉「つつじの湯」も楽しめます。部屋には14:00から20:00まで最大6時間滞在可能。庭園での散策なども楽しみながら日常を忘れたくつろぎのひと時を過ごすことができます。

お部屋付き日帰り入浴 ~大人気のりんごパイと美肌の湯~

こちらは芦ノ湖畔のデザートレストラン「サロン・ド・テ ロザージュ」で人気のメニュー「ロザージュ伝統のあつあつりんごパイ」と客室での滞在を楽しめるプランです。客室の条件、利用可能時間はランチのプランと同等です。

箱根ホテル

箱根ホテルは富士屋ホテルの系列の芦ノ湖畔のホテル。美術館のようなシックな外観と芦ノ湖を真正面に望む芦ノ湖畔のリゾートホテルです。温泉は「芦ノ湖の湯」と「大観の湯」の2か所の温泉浴室があり、男女入れ替え制になっています。

【日帰り】客室+ランチブッフェ+温泉付きプラン

レストラン「イル・ミラジィオ」でのランチブッフェと入浴、客室での滞在が楽しめるプランです。客室の滞在可能時間は12:00~18:00.部屋タイプはマッサージチェア付きコンフォートルーム(55m²)、バルコニー付きジュニアスイートルーム(55m²)、
モデレートツインルーム(34m²)のいずれかを選ぶことができます。

【日帰り】客室+ランチ+ディナー+温泉付き 0泊2食プラン

レストラン「イル・ミラジィオ」でのランチブッフェに加えて、夜はフランス料理のコースが楽しめるプランです。客室の滞在可能時間は12:00~21:00です。部屋タイプはマッサージチェア付きコンフォートルーム(55m²)、バルコニー付きジュニアスイートルーム(55m²)、モデレートツインルーム(34m²)のいずれかを選ぶことができます。

【日帰り】客室+朝食+ランチ+ディナー+温泉付き 0泊3食プラン

箱根ホテルの日帰りプランにはランチ、ディナーだけなく朝食も楽しめるプランがあります。朝食はレストラン「イル・ミラジィオ」での朝食ブッフェです。客室の利用可能時間は08:00~20:00まで。温泉も3階「大観の湯」と4階「芦ノ湖の湯」を両方楽しむことができます。部屋タイプはマッサージチェア付きコンフォートルーム(55m²)、バルコニー付きジュニアスイートルーム(55m²)、モデレートツインルーム(34m²)のいずれかを選ぶことができます。

元箱根・箱根町の観光スポット

ホテルの部屋で過ごして、温泉につかるだけでなく散策

箱根関所・箱根関所資料館

箱根の関所は平成19年(2007)に幕末に行われた解体修理の報告書『相州箱根御関所御修復出来形帳』に基づいて復元されました。資料館では高札や通行手形他、関所に関する資料が展示されています。

箱根神社

「パワースポット」としても有名な箱根神社。奈良時代の天平宝字元年(757)に萬巻上人によって建立された由緒ある神社です。坂上田村麻呂が東征の際に参詣して所願成就したことから武将から信仰され、源頼朝など多くの武将から保護されてきました。

箱根神社

恩賜箱根公園

皇族の避暑と外国からの来客を迎えるために造営された箱根離宮の跡地が公園として開放されています。公園は富士山の絶景スポット。ここから撮影した富士山の写真は「インスタ映え」間違いなしです。

首都圏から元箱根・箱根町への日帰り観光に便利なのが箱根旧街道・1号線きっぷ。1日有効のフリー切符で新宿~箱根湯本~箱根町を単純に往復するだけでも約1,000円安くなります。


箱根の遊び・体験スポット

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
take

take

旅の楽しみは目的地での観光だけでなく、目的地までの移動も楽しみの一つ。鉄道での移動の時などは車窓から眺める移り変わる風景も楽しむことができます。「乗り物」に焦点を充てて、個人旅行では欠かせない「移動」の楽しみを紹介していきます。

-その他旅行情報
-, , , , , , ,

Copyright© ノリッポ【-NORIIPPO-】 , 2020 All Rights Reserved.