エーゲ海クルーズ おすすめ寄港地3選 |【ノリッポ】移動こそ旅の醍醐味!一歩先ゆく旅行の移動手段メディア

船・クルーズ

エーゲ海クルーズ おすすめ寄港地3選

投稿日:2020/02/06 更新日:

エーゲ海は紺碧の海にカラフルな家々が建ち並ぶ美しい街並みが広がる島々が魅力。それぞれの島々が数多くの世界遺産と、異なる魅力を持っています。エーゲ海の島々を巡る旅はクルーズがおすすめ。夜寝ている間に次の寄港地に移動、日中は大きな荷物を船室に置いて観光を楽しむことができます。クルーズで寄港するエーゲ海の島々の中でおすすめの島を3か所、厳選して紹介します。

エーゲ海クルーズの予約

青と白の島 サントリーニ島

サントリーニ島は青い空と海に白壁の建物が建ち並ぶ街並みが絶景が魅力の島。紀元前1500年頃まで噴火活動を繰り返し、そのため現在のような三日月形になったという島です。島の中心フィラをはじめ白壁とドーム、空や海の青のコントラストが美しく、夕日でおなじみのイアの街などが見どころです。

エーゲ海に浮かぶ白い宝石 ミコノス島

ミコノス島は紺碧の空と白い壁が作り出すコントラストがとても美しい島。たくさんの美しいビーチ、まるで迷路のような白壁の町。どこに行ってもまるで絵葉書を見ているかのような美しい光景を見ることができます。島の最大の見どころはカト・ミリの風車。かつてはエーゲ海の強い風を活用して小麦をひいていました。エーゲ海に臨んで建つ風車の姿は絵になります。

ギリシャ文明発祥の地 クレタ島

ギリシャ神話でもおなじみのクレタ島。古代ミノア文明が栄えたエーゲ海で最大の島です。島の中心はイラクリオン。ヨーロッパ文明の発祥ともいわれる青銅器時代最大の遺跡クノッソス宮殿、ミノア文明の出土品を見ることができるイラクリオン古代博物館は必見です。モーツァルトのオペラ「イドメネオ」はトロイア戦争の後のクレタ島を舞台にした作品です。

MSCシンフォニア号で行く エーゲ海・アドリア海クルーズ

ギリシャ各地を巡るエーゲ海クルーズにはイタリアのヴェネチアを発着して、アドリア海沿岸のスプリットやドブロブニクといったクロアチアの都市にも寄港するコースがあります。中にはサントリーニ島で2泊停泊するコースもあります。またギリシャのピレウス発着の3泊4日の短めのコースもあります。まるで時間が止まったかのような気分を感じるのどかでロマンティックなエーゲ海の島々。クルーズの醍醐味を実感できる旅になること間違いなしです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

take

ホテル、外資系航空会社勤務を経て、個人旅行に特化した旅行会社で企画を担当、お客様の希望に応じた「オーダーメイドの旅」の企画・提案に携わり、ヨーロッパ各地の音楽祭、オペラ・クラシック公演鑑賞、音楽家ゆかりの地巡りなど音楽旅行を中心に手掛ける。現在は「日本再発見」をテーマに西日本を中心に各地に残る歴史・文化遺産の魅力を発信している。過去に手掛けた旅行は1000件以上。立教大学ならびに奈良大学文学部文化財歴史学科卒業。博物館学芸員資格。日本考古学協会賛助会員。2020年度「吉野アンバサダー」。大分県生まれ、福岡市育ち。

-船・クルーズ
-, , , ,

Copyright© ノリッポ【-NORIIPPO-】 , 2021 All Rights Reserved.