フッティルーティン オーロラクルーズのすすめ |【ノリッポ】移動こそ旅の醍醐味!一歩先ゆく旅行の移動手段メディア

船・クルーズ

フッティルーティン オーロラクルーズのすすめ

投稿日:2019/11/14 更新日:

北欧への冬の旅の楽しみの一つといえるのがオーロラ見物。オーロラが見える、見えないは自然が相手の話になるので、思うようにならないところ。せっかくオーロラを見に行ったのに、「結局、見ることができなかった」という話も少なくないです。オーロラチャンスに意外と恵まれているのが、ノルウェーのベルゲン発着のフッティルーティンの船上です。

クルーズに強い旅行会社

オーロラ観測の条件

自然現象であるオーロラを見るのは「運」が左右する部分が否めません。そんな中、オーロラを観測しやすい条件

「オーロラベルト」に位置している

オーロラは太陽から宇宙に向けて飛び出してきた電気を帯びた大量の粒が地球という大きな磁石に吸い寄せられて、大気圏に突入する時に空気中の窒素や酸素と反応して発生します。この粒を引き寄せる磁場の強い場所が「オーロラベルト」と呼ばれている場所です。北半球では北緯65度から70度付近になります。

雲がかかっていないこと

空に雲がかかっていると残念ながらオーロラを見ることはできません。雲に切れ間があれば、そこからオーロラを見ることができます。

周囲が明るくないこと

オーロラに限らず、星空観測でもそうですが、周りが街灯などで明るいと、光の影響でオーロラを見ることができません。また360度周囲を見渡せるのも海上ならではの強みです。

北欧フィヨルドクルーズの予約

オーロラ観賞にクルーズがおすすめな理由

海上を常に移動している

クルーズ船は基本的に夜出港して、翌朝、次の寄港地に到着。夜は海上を移動しています。海上を移動していると気象条件も変わって、オーロラに巡り合える可能性が高くなります。移動することによって気象条件が変わるのは、船ならではの一番の利点です。

周囲に街灯がない

海上を移動しているということは街灯の影響を受けることがありません。オーロラ観賞の障害になる周囲の光の影響を受けることがありません。

屋外で凍える思いをしなくてもよい

北欧やアイスランドでは冬場は「オーロラ観測ツアー」が組まれています。オーロラ観測に適したポイントまで移動してオーロラを観測するのですが、場合によってはオーロラ出現まで寒い中、屋外で待つこともあります。フッティルーティンではオーロラが出現すると「オーロラアナウンス」が流れるサービスもあります。暖かい船内でオーロラ出現まで待つことができます。

フッティルーティンの予約

フッティルーティンはベルゲン発5泊6日の片道コースから11泊12日の往復乗船のコースまで多彩なコース設定、毎日出発します。一都市滞在だと天候によって、滞在中にオーロラを見ることができない可能性も高いです。北欧のオーロラ観賞にクルーズ船ではいかがでしょうか。

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
take

take

旅の楽しみは目的地での観光だけでなく、目的地までの移動も楽しみの一つ。鉄道での移動の時などは車窓から眺める移り変わる風景も楽しむことができます。「乗り物」に焦点を充てて、個人旅行では欠かせない「移動」の楽しみを紹介していきます。

-船・クルーズ
-, , ,

Copyright© ノリッポ【-NORIIPPO-】 , 2020 All Rights Reserved.