クイーン・エリザベス号 2022年日本発着クルーズ |【ノリッポ】移動こそ旅の醍醐味!一歩先ゆく旅行の移動手段メディア

船・クルーズ

クイーン・エリザベス号 2022年日本発着クルーズ

投稿日:2020/02/05 更新日:

日本発着または日本に寄港するクルーズは年々増加していますが、豪華客船といってまず思い浮かべる船は「クイーン・エリザベス号」という人も多いのではないでしょうか。2020年、2021年に引き続いて、2022年の日本発着クルーズも既に発表、4月から6月にかけて横浜発着6クルーズを設定し、本州、九州、北海道の文化のルーツを探ります。

クルーズに強い旅行会社

クイーン・エリザベス号概要

現在、運航しているクイーン・エリザベス号は「3代目」です。2010年に就航して、2018年に改装が行われました。総トン数は90,400トン、全長294m、全幅32.3mです。イギリス女王の名を冠しているだけあって、英国伝統の格調高いエレガンスとサービスが特徴。内装は初代クイーン・エリザベス号が就航した1930年代のアールデコを基調としています。デッキは12層で客室は全部で1029室あり、そのうちの838室は海側の客室です。

キュナード・ラインについて

クイーン・エリザベス号を運航しているキュナード・ラインはキュナードはイギリスのラグジュアリー・クルーズ・ライン。設立は1840年、北大西洋での客船運航を常にリードし続けていて、2020年には創業180周年です。現在、クイーン・エリザベス号に加えて、クイーン・メリー2、クイーン・ヴィクトリアの3隻を保有していて、2022年には4隻目の船が就航する予定です。

「テーブルウェア・フェスティバル2020~暮らしを彩る器展~」出展

キュナード・ラインは2020年、国内最大級の“器の祭典”「テーブルウェア・フェスティバル2020~暮らしを彩る器展~」に出展します。専用ブースではクイーン・エリザベスの最上級ダイニング「クイーンズ・グリル」のディナーテーブルセッティングを再現、ベルボーイがお出迎え、洗練された英国式のサービスを体感することができます。キュナードの乗務員はホワイトスター・サービスを学ぶ「ホワイトスターアカデミー」でその極意を学んでいます。

キュナード・ライン クルーズ一覧

クイーン・エリザベス号2022年日本発着クルーズ

発表された2022年の日本発着クルーズは下記の通りです。

  • 2022年4月13日(水)~4月22日(金)  10日間
    コース:横浜~別府~釜山~長崎~鹿児島~高知~横浜 

  • 2022年4月22日(金)~5月1日(日)  10日間
    コース:横浜~那覇~石垣~花蓮~基隆~横浜
  • 2022年5月1日(日)~5月8日(日) 8日間
    コース:横浜~鹿児島~福岡~釜山~長崎~横浜

  • 2022年5月8日(日)~5月17日(火) 10日間
    コース:横浜~函館~境港~釜山~佐世保~鹿児島~横浜 
  • 2022年5月17日(火)~5月26日(木) 10日間
    コース:横浜~釧路~コルサコフ~小樽~函館~青森~横浜

  • 2022年5月26日(木)~6月4日(土) 10日間
    コース:横浜~秋田~金沢~舞鶴~済州島~長崎~横浜

2020年、2021年は秋にも日本発着のクルーズが運航されます。2022年秋についても今後、発表されるかもしれません。

クイーン・エリザベス/メリー2/ヴィクトリア号 特集

クルーズはかなり先までスケジュールが発表されて、受付も始まります。人気のある客船、コースは早くから予約が埋まってしまうことも予想されます。先のことはなかなかわからないかと思いますが、できるだけ早めに予約することがお薦めです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
take

take

旅の楽しみは目的地での観光だけでなく、目的地までの移動も楽しみの一つ。鉄道での移動の時などは車窓から眺める移り変わる風景も楽しむことができます。「乗り物」に焦点を充てて、個人旅行では欠かせない「移動」の楽しみを紹介していきます。

-船・クルーズ
-, , ,

Copyright© ノリッポ【-NORIIPPO-】 , 2020 All Rights Reserved.