【長崎】【雲仙温泉】家族・ファミリー・子連れ旅行におすすめのホテル・旅館【ノリッポ】 |【ノリッポ】移動こそ旅の醍醐味!一歩先ゆく旅行の移動手段メディア
雲仙温泉

その他旅行情報

【長崎】【雲仙温泉】家族・ファミリー・子連れ旅行におすすめのホテル・旅館【ノリッポ】

投稿日:

温泉は家族・ファミリー・子連れ旅行で人気のテーマ。日本各地には様々な温泉地があり、それぞれ魅力があります。そんな温泉地の中で日本で最初の国立公園、「雲仙国立公園」にある温泉地、雲仙温泉の魅力とおすすめのホテル・旅館を紹介します。

雲仙温泉とは

雲仙温泉は島原半島の中央・標高700mにある温泉地。明治から昭和初期にかけて、西洋人たちの避暑地として栄えた温泉リゾートで、日本で最初の国立公園に指定された歴史ある場所です。温泉の歴史は古く、「肥前国風土記」にその名が登場します。温泉街は大きく分けて、古湯・新湯・小地獄の3つに分かれていて、それぞれのエリアに昔ながらの共同浴場も、1軒ずつあります。泉質は硫黄泉。源泉は今も活発に噴気を上げる雲仙地獄で、宿によっては、お湯の色が透明だったり、白濁していたりと様々。初夏にはミヤマキリシマが咲誇り、夏の緑、秋の紅葉、冬の霧氷と一年を通じて四季折々の景色を楽しめる仁田峠をはじめ、家族・ファミリー・子連れで美しい自然景観と噴き上げる噴煙と硫黄の臭いなど大自然の営みを楽しむことができます。地獄地帯の中にある「雲仙地獄茶屋」は地熱を直に感じることが出来る「雲仙地獄足蒸し」や、温泉卵を販売する「雲仙地獄工房」がある人気スポットです。

雲仙温泉のおすすめホテル・旅館

雲仙観光ホテル

昭和7年(193%)創業。「日本クラシックホテルの会」に加盟している風格たっぷりの老舗名門ホテル。新しくノスタルジアを感じる空間と源泉かけ流しの湯、そして受け継がれてきたホスピタリティ溢れるサービスで家族揃って非日常のひと時を楽しめます。建物は国の登録有形文化財に指定されています。

住所:長崎県雲仙市小浜町雲仙320
アクセス:JR諫早駅より島鉄バスで約1時間20分、雲仙(小地獄入口)下車(長崎空港から無料シャトルバスあり)

旅亭半水盧

6,000坪の敷地内に京都の宮大工が手がけた14棟の数寄屋造りの離れが点在する温泉宿。1棟ごとに趣の異なる庭園を備えていて家族・ファミリーで水入らずのひと時を過ごせます。自慢の料理は雲仙の山の幸・海の幸をはじめ、全国各地から吟味して取り寄せた旬の食材を使用した懐石料理を部屋食で楽しめます。

住所:長崎県雲仙市小浜町雲仙380-1
アクセス:JR諫早駅より島鉄バスで約1時間20分

ゆやど雲仙新湯

敷地内の4つの自家源泉を持っていて、浴場ごとに異なる温泉を楽しめる温泉宿。館内にいながら家族・ファミリーで湯巡りを楽しむことができます。「島原半島15マイル宣言」を掲げて地域の食材にこだわった月替わりのオリジナル会席を家族・ファミリーで楽しめます

住所:長崎県雲仙市小浜町雲仙320
アクセス:JR諫早駅より島鉄バスで約90分

雲仙 東園

四季折々の自然景観を楽しめるおしどりの池のほとりに佇む温泉宿。館内の半身浴付きの大浴槽・露天風呂・檜風呂に加えて、全ての客室で自家源泉を家族・ファミリー揃って楽しめます。食事は厳選された旬の食材の素材を活かした料理を有田焼の器で楽しめます。池のほとりに広がる日本画のような日本庭園も魅力です。

住所:長崎県雲仙市小浜町雲仙181
アクセス:JR諫早駅より島鉄バスで約80分

民芸モダンの宿 福田屋

雲仙温泉に佇む民芸モダンの和風温泉宿。2つの露天風呂と内湯に加えて、4つの貸切湯があって家族・ファミリーでプライベート感たっぷりのひと時を過ごせます。食事は食材の宝庫・島原半島の自然の恵みを受けた旬の海の幸・山の幸を活かした料理を堪能できます。

住所:長崎県雲仙市小浜町雲仙380-2
アクセス:JR諫早駅より島鉄バスで約70分

雲仙の宿泊予約

雲仙温泉 おすすめの周辺観光スポット

島原城

島原城は小高い丘を利用した南北に連なる連郭式平城です。外郭は周囲約4kmの長方形で塀をめぐらされていて、城門が7か所、平櫓が33か所ありました。内郭は堀にかこまれた本丸・二の丸を設け、その北に藩主の居館である三の丸が続きます。本丸には安土桃山式建築の粋を集めた総塗り込めの五層の天守閣をはじめ、3か所に三層櫓がそびえ立つ豪壮堅固な城構えでした。城は島原藩の初代藩主松倉重政によって築かれました。松倉氏が島原の乱の責任を取らされて改易された後、高力氏、松平氏、戸田氏、松平氏と藩主が変わり、明治維新を迎えました。

島原城

島原城下町

島原城の築城のとき、外郭の西に接して扶持取70石以下の武士たちの住まいが整備されました。街路の中央の水路は豊かな湧水を引いたもので、生活用水として大切に守られてきました。湧水の水路が通りを貫く武家屋敷エリアは、当時の島原武士の生活をうかがい知ることができます。

原城跡

寛永14年(1637)に江戸幕府を震撼させた「島原の乱」。天草四郎時貞を中心とした一揆軍が立て籠った城です。長らく有馬氏の居城でした。城は周囲4キロの三方を有明海に囲まれ難攻不落の天然の要害で、本丸・二ノ丸・三ノ丸・天草丸からなっていました。世界遺産「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の構成資産です

まとめ

長崎の雲仙温泉で家族・ファミリー・子連れ旅行におすすめのホテル・旅館を紹介しました。島原半島と天草はフェリーで結ばれていて、マイカーを使っての家族・ファミリー旅行なら天草に足を伸ばすのもおすすめ。家族・ファミリー旅行の参考になると幸いです。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

take

ホテル、外資系航空会社勤務を経て、個人旅行に特化した旅行会社で企画を担当、お客様の希望に応じた「オーダーメイドの旅」の企画・提案に携わり、ヨーロッパ各地の音楽祭、オペラ・クラシック公演鑑賞、音楽家ゆかりの地巡りなど音楽旅行を中心に手掛ける。現在は「日本再発見」をテーマに西日本を中心に各地に残る歴史・文化遺産の魅力を発信している。過去に手掛けた旅行は1000件以上。奈良大学文学部文化財歴史学科卒業。博物館学芸員資格。日本考古学協会賛助会員。2020年度「吉野アンバサダー」。大分県生まれ、福岡市育ち。

-その他旅行情報
-, , , , , , ,

Copyright© ノリッポ【-NORIIPPO-】 , 2022 All Rights Reserved.