あと払いできる子連れ・家族旅行のホテル・旅館予約【全国版】 |【ノリッポ】移動こそ旅の醍醐味!一歩先ゆく旅行の移動手段メディア
ノリッポ -Noriippo- 移動こそ旅の醍醐味!一歩先ゆく旅行の移動手段メディア

その他旅行情報

あと払いできる子連れ・家族旅行のホテル・旅館予約【全国版】

投稿日:

ネットショッピングや、各種サービスを利用した後に代金を支払う「あと払い」。クレジットカードやデビットカードをはじめ、交通系ICカードやWAONなどの電子マネー、QR・バーコード決済など多様化するキャッシュレス決済の一つです。

手元にお金が今すぐに無くても後日の支払いで良いので、給料日前や出費がかさんでしまっている時も利用できるのはとっても便利。ホテル予約サイトでも「あと払い」が利用できるサイトがあるのを知っていましたか?!

ここでは「あと払い」できる子連れ・家族旅行のホテル・旅館予約について詳しく解説していきます!

あと払いとは

あと払いペイディ(paidy)がおすすめの理由

あと払いシステムの大手と言えば、「あと払いペイディ(paidy)」です。ペイディとは、株式会社Paidyが運営している、あと払い決済サービス。Amazonや楽天、各種ECショップサイトでも決済方法の一つとして選択することができます。

「あと払いペイディ(paidy)」の最大のメリットは、クレジットカードや事前登録が不要であること。メールアドレスと携帯電話番号で買い物をすることができる点です。クレジットカードがなくても簡単にネットショッピングが可能。

また、支払いを翌月にすることができるのも◎ネットショッピングであれば、商品が手元に届いた後に支払うことになるので、ネットショッピングへの不安も軽減することができます。

さらに、本人確認書類をアップロードし、Paidyプラスへ無料で登録することにより、3回までの分割払いも可能です!

ペイディの使い方

ホテル予約サイトでホテルを申し込むときの「paidy(ペイディ)」の利用方法は次の通りです。

  1. 予約するホテルの部屋代金の支払い方法で「あと払い(ペイディ)」を選択
  2. メールアドレスと携帯電話番号を入力。
  3. SMSで送信される4桁の認証コードを入力。
  4. ホテルの予約完了

ペイディの支払い方法

  1. 翌月1日~3日の間にメール又はSMSで請求金額をお知らせが届く
  2. コンビニ払い、口座振替、銀行振込から支払い方法を選ぶ
  3. 翌月10日までに支払い
    公式サイト:https://paidy.com/

その他あと払い決済(アトネ、ペイペイ、GMO)

あと払い 「atone(アトネ)」

「atone(アトネ)」とは、atone に登録した携帯番号とパスワードを使って決済する、あと払いサービスです。ホテル予約サイトなどの画面で、atoneに登録した携帯番号とパスワードを入力することで決済が可能。

利用代金は月末最終日に締めて、翌月の支払い期限までに支払います。支払い方法は、コンビニ払い(コンビニ端末、電子バーコード、請求書)、銀行ATM (Pay-easy)から選ぶことができます。口座振替会員登録は無料。また200円利用すると1ポイント(1円相当)貯まり、貯まったポイントを値引きで利用できるのも魅力です。

公式サイト:https://atone.be/

PayPayあと払い

「PayPayあと払い」とは、PayPayで利用した金額を翌月にまとめて支払うことができるあと払いサービスです。事前にPayPayに金額をチャージすることなく利用できるのが最大のメリットです。「PayPayあと払い」を利用するには、まず、PayPayのアプリをダウンロードし、PayPayに登録した後、「PayPayあと払い」に申し込み、審査を受ける必要があります。

「PayPayあと払い」の申込には、運転免許証などの本人確認書類、お支払い口座の情報、勤務先情報を用意します。審査が通過すれば、支払い方法を「PayPay残高」から「PayPayあと払い」に切り替えすることが可能。PayPayアプリのホーム画面から、変更ができます。

公式サイト:https://paypay.ne.jp/help/c0206/

GMO後払い

「GMO後払い」とは、GMOペイメントサービス株式会社が運営するあと払い決済サービスのことです。ネットショッピングなどで、商品を受け取った後に支払いができます。

ネットショッピングサイトの支払い方法を「GMO後払い」に選択すると、商品到着後にGMOペイメントサービス株式会社からメールか郵送で請求書が届きます。支払い期限は、請求書発行から14日以内です。全国のコンビニエンスストア・銀行・LINE Payでお支払いが可能。ご利用店舗によっては、郵便局でのお支払いもできます。

公式サイト:https://www.gmo-ps.com/customer/

 

あと払いできる子連れ・家族旅行におすすめのホテル5選

【北海道】京王プラザホテル札幌

札幌駅から徒歩5分の立地にある「京王プラザホテル札幌」。北海道随一の大都市「札幌」にありながらも、緑に囲まれた場所にあり、落ち着いた佇まいが魅力です。全国にホテルを展開する京王グループならではの安定した質の高いサービスは、子連れの家族旅行にも好評です。

プールや子ども用のアメニティなど、嬉しい設備やサービスが整っているのも人気の理由です。ゆったりとした広い客室も用意されており、シンプルで清潔感のある上品なデザインは、家族水入らずで、ほっと寛げる空間になっています。

住所:〒060-0005 北海道札幌市中央区北5条西7丁目2-1
電話:011-271-0111(代表)
アクセス:札幌駅徒歩5分

ご予約はこちら→https://www.best1-ai-neural-trip.com/hotel-family/hotel/detail/1529005

【福島県】大江戸温泉物語 会津東山温泉 東山グランドホテル

温泉にカラオケに、卓球にゲームコーナーと、楽しみがいっぱいの温泉宿である「東山グランドホテル」。ポップでカジュアルな温泉宿なので、子連れの家族旅行にぴったりです◎

夕食時は、アルコール飲み放題のバイキング!大人も子どもも満足できるラインナップになっています。子ども用の割れない食器や乳幼児用のベビーフードなど、細やかなサービスが充実。家族でワイワイはしゃいで、温泉で癒されてリフレッシュできるホテルです。

住所:〒965-0814 福島県会津若松市東山町大字湯本字上湯本5
電話:0570-011-267
アクセス:会津若松駅よりタクシー約15分(無料送迎バスあり)

ご予約はこちら→https://www.best1-ai-neural-trip.com/hotel-family/hotel/detail/2519003

【大阪府】ザ・パークフロント・ホテルアット・ユニバーサル

その名の通り、ユニバーサルスタジオジャパンに、いちばん近いオフィシャルホテルです。パークフロントという最高のロケーション、ホテルにいるだけでアメリカンな雰囲気を感じることができます。レストランやカフェなどの館内施設も充実。子ども向けのサービスやアメニティーも、もちろん完備されています。

客室は、家族旅行向けに5人部屋や最大6名まで利用可能なコネクティングルームなどがあり、大人数でも安心です。赤ちゃん連れに人気の段差のない和室もありますよ。

住所:〒554-0024 大阪府大阪市此花区島屋6丁目2番52号
電話:06-6460-0109
アクセス:ユニバーサルシティ駅より徒歩1分

ご予約はこちら→https://www.best1-ai-neural-trip.com/hotel-family/hotel/detail/6553005

【福岡県】西鉄イン福岡

福岡随一の繁華街「天神」にある「西鉄イン福岡」。天神ショッピングや中洲屋台、キャナルシティにも徒歩で行ける立地が魅力です。那珂川のほとりにあるので、繁華街にありながらも落ち着いた風情が漂っています。

2018年の4月にリニューアルオープンし、新しく生まれ変わりました。ビジネスホテルですが、トリプルルームであれば、33.3平米と家族で利用しても十分な広さがあり、快適に過ごすことができます。

住所:〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神1-16-1
電話:092-712-5858
アクセス:地下鉄天神駅・中洲川端駅 徒歩約3分

ご予約はこちら→https://www.best1-ai-neural-trip.com/hotel-family/hotel/detail/8115101

【沖縄】沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパ

恩納村にあるリゾートホテル「沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパ」。ファミリープランが充実しています。プールやスパなど館内施設はもちろんのこと、体験型のアクティビティなども魅力。また、エイサーのショーなどライブイベントも毎夜開催されており、飽きることなくホテルライフを楽しめるホテルです。

エメラルドグリーンの海もすぐ目の前なので、沖縄の絶景を余すことなく感じることができます!

住所:〒904-0401沖縄県国頭郡恩納村名嘉真ヤーシ原2591-1
電話:098-967-8731
アクセス:那覇空港より車で約70分

ご予約はこちら→https://www.best1-ai-neural-trip.com/hotel-family/hotel/detail/8707006

あと払いできる子連れ・家族旅行におすすめの温泉宿・ホテル5選

【北海道】函館国際ホテル

函館の夜景や絶景を堪能できる「函館国際ホテル」。本館13階にある、天然温泉展望大浴場「汐見の湯」が自慢です。美しい函館の絶景を一望でき、景色を見ながらの湯浴みを楽しめます。男湯には露天風呂もあり、潮騒を感じながらの温泉タイムはリフレッシュ効果抜群です。

33平米~46平米のファミリールームがあり、家族で宿泊しても広々快適な滞在ができます。洋食・中華の朝食バイキングは、口コミでも高評価!薬膳スープカレーや海鮮丼など、北海道ならではのメニューも頂けます。

住所:〒040-0064 北海道函館市大手町5-10
電話:0138-23-5151
アクセス:函館駅より徒歩8分

ご予約はこちら→https://www.best1-ai-neural-trip.com/hotel-family/hotel/detail/1611006

【栃木県】鬼怒川プラザホテル

鬼怒川沿いに佇む「鬼怒川プラザホテル」。和アジアンなおしゃれな内装は、家族連れだけでなく、女性にも人気です。客室は、洋室、和洋室、源泉掛け流し露天風呂付の特別室に分かれています。予算や利用シーンに合わせてチョイスができます。鬼怒川の清涼な景色を見られる大浴場もあります。

家族でのんびり、ゆったり、プチ贅沢な風情を味わうのにぴったりなホテルです。

住所:〒321-2526 栃木県日光市鬼怒川温泉滝530
電話:0288-76-1031
アクセス:鬼怒川温泉駅から徒歩約20分、タクシー約10分

ご予約はこちら→https://www.best1-ai-neural-trip.com/hotel-family/hotel/detail/3310011

【群馬県】ラビスタ草津ヒルズ(共立リゾート)

2021年9月にオープンした「ラビスタ草津ヒルズ」。温泉が自慢の共立リゾートが運営するホテルです。情緒ある草津温泉の町並みを見下ろせる丘の上に建っています。全客室に天然温泉露天風呂付いている豪華な造りが魅力です。家族水入らずで温泉タイムをどうぞ。もちろん、最上階にある大浴場も文句なしの満足感を与えてくれます。

客室は、ドイツのグリム童話「白雪姫」や「赤ずきんちゃん」などをモチーフにしたデザイン。和と異国文化が融合した、おしゃれな空間です。

住所:〒377-1711 群馬県吾妻郡草津町大字草津226番15
電話:0279-88-5489
アクセス:長野原草津口駅よりバスで約25分(草津温泉バスターミナルより送迎あり)

ご予約はこちら→https://www.best1-ai-neural-trip.com/hotel-family/hotel/detail/3237040

【島根県】お宿 月夜のうさぎ(共立リゾート)

こちらも温泉自慢の共立リゾートが展開するホテル「お宿 月夜のうさぎ」。縁結びの神・福の神として知られる出雲大社のすぐそばにあります。全館畳敷でほっと寛げる雰囲気が漂う、家族旅行におすすめのホテルです。至るところに、可愛らしいウサギのモチーフが隠れていて、子どもと一緒に見つけるのも◎

2つの大浴場と5つの貸切風呂があり、家族で温泉三昧を楽しむこともできます。客室は、40平米もある4名部屋も用意されているので、家族旅行でも手狭になることはありません。

住所:〒699-0721 島根県出雲市大社町修理免字本郷1443-1
電話:0853-53-8877
アクセス:出雲大社前駅より徒歩約15分

ご予約はこちら→https://www.best1-ai-neural-trip.com/hotel-family/hotel/detail/7329012

【大分県】杉乃井ホテル

日本有数の温泉地である別府にある「杉乃井ホテル」。子どもも大人も楽しめるエンターテイメント施設が充実している、温泉レジャーホテルです。広々とした和洋室の客室は家族旅行にぴったりです。

大展望露天風呂「棚湯」は、当ホテルの一押し!別府湾を見渡す、広大な露天風呂で、5段からなる湯船を棚田状になっている珍しい露天風呂です。子どもも大人も爽快感を感じられる癒しのホテルです!

住所:〒 874-0822 大分県別府市観海寺1
電話:0977-78-8888
アクセス:別府駅よりタクシー・シャトルバスで約10分

ご予約はこちら→https://www.best1-ai-neural-trip.com/hotel-family/hotel/detail/8410001

あと払いがおすすめのまとめ

家族旅行はいつまで経ってもかけがえのない思い出になります。日常を離れて、家族水入らずで過ごすひと時は、「家族の絆」を改めて感じることができるいい機会です。

ホテルの部屋代金を「あと払い」にすることで旅行中の出費にも余裕が出て、家族団らんに使うことができます。「あと払い」をうまく活用して、家族・ファミリーでの旅行を楽しんではいかがでしょうか。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

maikon

初めて海へ出た21歳の冬。イタリアの空と乾いた空気が忘れられず、 旅行会社へ就職。毎日毎日、コツコツと旅の情報を集積し、知識を深めること約8年。その後、Webライターへ転身し、軽井沢へ移住。旅と本、コーヒーと酒をこよなく愛する、スナフキン的な人種です。

-その他旅行情報
-, , , , , , , ,

Copyright© ノリッポ【-NORIIPPO-】 , 2022 All Rights Reserved.