伊豆 Beautiful 踊り子号の魅力

日本を代表する観光地であり、多くの旅人の英気をやしなってきた静岡県の「伊豆」

ノーベル文学賞作家の川端康成も「伊豆はあらゆる風景の画廊である」と称えました。

その伊豆と首都圏を35年以上つなぐ特急列車が「踊り子」号です。

今年の7月21日にはラグジュアリーなクルーズ・トレイン「ロイヤルエクスプレス」の運行が始まりますがこちらは片道、最低25,000円(食事付き)とちょっと、手が出にくい贅沢。

今回はもっと気軽に、みんなが楽しめる「踊り子」号の魅力を紹介します。

1981年、急行「伊豆」と特急「あまぎ」に代わって公募で「踊り子号」と名付けられた。

99年からは湘南や伊豆のみかん畑をイメージした塗装に。

首都圏から伊豆まで乗り換えなし!

引用:「Life Designer」http://life-designer.jp/work-free-from-location/super-view-odoriko-express-stations-timetable-fee-reservation/

なんといっても魅力の一つは首都圏から終点・伊豆急下田までストレスフリーの乗り換えなしで、直通運転をしていること。

通常運行は東京、新宿、池袋や横浜などが中心ですが、季節によっては埼玉県の大宮や浦和、千葉の柏や我孫子からも運行しています。

東京駅から終点の伊豆急下田駅までは約2時間50分の旅です。発着駅はさまざまなパターンがあるので、事前に伊豆急やJR東海道本線のホームページで最寄り駅を調べることがお勧めです。

伊豆だけじゃない! ぶらり途中下車にも便利

踊り子号の特徴は停車駅が多く、観光地をたくさん選択できることです。

熱海や伊東、河津、三島や修善寺など、伊豆だけではなく、数多くの景勝地を回れるので、何度でもリピートしたくなります。いろんな角度からの富士山も楽しめます!

西伊豆・御浜岬。修善寺駅より東海バス戸田行き約50分終点下車、 東海バス土肥温泉行に乗り換え約5分「健康の森入口」下車徒歩約5分

葛城山ロープウェイ。伊豆長岡駅より伊豆箱根バス温泉北循環、または伊豆三津シーパラダイス行きバス約10分、「伊豆の国市役所前」下車徒歩約1分

料金は乗車券のほか、自由席や指定席、グリーン席によっても異なります。

例えば東京発、伊豆急下田駅の下車であれば、片道乗車券3,890円+自由席1,750円で5,640円です。

料金も時期によって変わる場合がありますので、乗車日の料金を調べておくことがお勧めです。

以下の表は目安の参考にしてくださいね。

引用:「Life Designer」

車窓からの風景を楽しもう!

2〜3月にかけて満開の河津桜が咲き誇る

雄大な相模湾と夕陽を眺めながら

写真:「JR伊豆」ホームページより http://www.jrizu.jp/train/shasou.html

伊豆を目指して走る列車の魅力は車窓からの風景です。

踊り子号は相模湾の雄大な眺望が広がり、時間や季節によっても違う顔を見せてくれる変幻自在。

朝日に輝くゴールドの海や、夕陽に染まるオレンジ、冬は月夜の海などの風情を堪能できます。

ぜひ一度、踊り子号で、心おどる旅を満喫してください。

 

続いて「スーパービュー踊り子」号を紹介します。

投稿者:

誰かのクラクション

誰かのクラクション

新宿在住のライター。大学時代より車で北海道から鹿児島まで、全国を旅するようになる。 海外は7カ国。アメリカ、カナダ、グアム、韓国、中国、ネパール、チベット。 2013年に大型バイクで日本一周の旅に出るが、わずか3時間で高速道路で転倒。バイクは大破したものの、骨折もなく奇跡的に軽傷で済む。 いつか再び日本一周の旅に出ようと、リベンジをねらう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

閲覧履歴