伊豆 サフィール踊り子号 時刻表と料金 【ノリッポ】 |【ノリッポ】移動こそ旅の醍醐味!一歩先ゆく旅行の移動手段メディア
サフィール踊り子

えきねっと

JR 電車

伊豆 旅行 サフィール踊り子号 【ノリッポ】

投稿日:2020/03/09 更新日:

2020年3月に新しく登場した特急列車が「サフィール踊り子号」。従来、運転していた「スーパービュー踊り子号」に替わって登場、スーパービュー踊り子号から更にグレードアップして快適な鉄道の旅をお届けします。伊豆への旅を思い出深いものにする新しい特急列車について、紹介します。

サフィール踊り子号の概要

新しく登場した「サフィール踊り子号」。「サフィール(saphir)」はフランス語で「サファイア」を意味します。宝石のサファイヤのような青く輝く美しい伊豆の海と空をイメージさせ、上質・高級で優雅な旅を楽しんでもらいたいという願いから名づけられました。

全席グリーン車以上!「サフィール踊り子号」の車両編成

サフィール踊り子号は8両編成。全席グリーン車以上で上質な列車旅を満喫することができます。なかでも特筆なのは1号車に設けられる「プレミアムグリーン車」ゆったりとしたプライベート空間くつろぎの空間を感じることができる1列+1列の座席配置になっています。2号車、3号車はグリーン車個室。1部は4名用、6名用の部屋がそれぞれ4部屋ずつ用意されています。家族や気の合った友達同士で車窓から伊豆の美しい海を感じながら列車旅を楽しむことができます。4号車はカフェテリア、5号車から8号車がグリーン車で座席配列は2列+1列になっています。グリーン車は従来の「スーパービュー踊り子号」と同じく2列+1列の座席配置ですが、シートピッチが広くなっていて、快適性がより向上します。また無料無線LANが完備していて、全席に電源コンセントが設置されています。また専用サイト「サフィールPay」から事前にヌードルや飲み物を注文することができます。4号車カフェテリアでのおすすめは「傳」長谷川在佑氏監修の「サフィール踊り子」限定ヌードル。チャーシューヌードルのチャーシューは「ふじのくにいきいきポーク」を使用しています。

「サフィール踊り子号」時刻表

「サフィール踊り子号」は運行区間が東京~伊豆急下田。毎日運行するのは1往復です。

◆毎日運行
サフィール踊り子1号 東京(11:10)〜伊豆急下田(13:29)
サフィール踊り子2号 伊豆急下田(14:12)〜東京(16:49)

◆臨時
サフィール踊り子3号 東京(12:30)〜伊豆急下田(15:30)(月・木・金曜日運転)
サフィール踊り子5号 新宿(12:25)〜伊豆急下田(15:30)(土・日曜日と祝日運転
サフィール踊り子4号 伊豆急下田(16:30)〜東京(19:20)(月・木・金・土・日曜日と祝日運転)

横浜以西の停車駅は熱海、伊東、伊豆高原、伊豆熱川、伊豆稲取、河津、伊豆急下田の各駅です。「サフィール踊り子4号」は新宿駅を出発して渋谷、武蔵小杉駅に停車します。

「サフィール踊り子号」の料金

「サフィール踊り子号」のデビューとともに新しく登場するプレミアムグリーン車には従来のグリーン車、グリーン車個室料金とは異なる料金が用意されています。東京~伊豆急下田間を乗車した場合、プレミアムグリーン車利用の場合、運賃・料金あわせて大人1名につき11,430円、グリーン車利用の場合、運賃・料金あわせて大人1名につき9,110円です。グリーン車個室は個室料金になるので、少ない人数で利用する場合、一人当たりの運賃・料金が高くなります。指定席の発売は乗車日の1か月前の朝10時から。土日祝日や連休の日はすぐに満席になることも予想されます。早めの予約がオススメです。乗車券類はJRの駅のみどりの窓口に加えて、グリーン車はJR東日本の予約サイト「えきねっと」、JR東日本各駅に設置している指定席券売機で購入可能、プレミアムグリーン車は指定席券売機で購入可能です。

サフィール踊り子号 運賃・料金(JR東日本ウェブサイトより)

目の前に広がるオーシャンビュー

小田原と熱海の間、神奈川県の早川-根府川駅間は相模湾を一望することができます。また伊豆急行線に入って伊豆熱川駅を過ぎると海を見渡すことができます。目の前に広がる海の景色はまさに感動。列車の名前の通り青く輝く伊豆の海を眺めることができて、心も癒されます。「サフィール踊り子号」では海を眺めることができるように座席配置も工夫されています。

東海道線_根府川

伊豆への旅行 予約・問合せ

乗り物は目的地への移動に欠かせない手段。単に移動手段としてではなく、移動中も楽しんでいただくことで、旅の思い出に1ページになる観光列車が全国各地で登場しています。ワンランク上の日常を忘れた伊豆への旅行を楽しめる「サフィール踊り子号」。記念日旅行や「自分へのご褒美」などで大いに楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
take

take

旅の楽しみは目的地での観光だけでなく、目的地までの移動も楽しみの一つ。鉄道での移動の時などは車窓から眺める移り変わる風景も楽しむことができます。「乗り物」に焦点を充てて、個人旅行では欠かせない「移動」の楽しみを紹介していきます。

-JR, 電車
-, , , , , , , , , ,

Copyright© ノリッポ【-NORIIPPO-】 , 2021 All Rights Reserved.