垂水 フェリー 乗り場【ノリッポ】 |【ノリッポ】移動こそ旅の醍醐味!一歩先ゆく旅行の移動手段メディア
桜島

フェリー

垂水 フェリー 乗り場【ノリッポ】

投稿日:

フェリーに強い旅行会社

錦江湾を挟んで向かい合っている薩摩半島と大隅半島。二つの半島を結んでいるのが「鴨池・垂水フェリー」です。観光客の移動手段として便利なのはもちろんのこと、そこで暮らす地域の人々にとっても欠かすことができない生活の足でもあります。

鴨池・垂水フェリー

概要

「鴨池・垂水フェリー」は鹿児島県内で幅広くバスやフェリー、ホテルなどの事業を展開している「いわさきグループ」の会社。鹿児島と屋久島・種子島を結ぶジェトフォイユの運航を手掛ける「種子屋久高速船」もグループ会社の一つ。鹿児島市の鴨池港と垂水氏の垂水港を結んでいます。

運航ダイヤ

鴨池・垂水フェリーは次のダイヤで運航しています。

鴨池港発
5:20、6:35、7:10、7:40、8:15、8:50、9:20、9:55、10:30
11:20、12:10、13:00、13:50、14:40、15:30、16:00、16:35
17:10、17:40、18:15、19:05、19:55、20:45、21:35、22:30
垂水港発
6:20、6:50、7:25、8:00、8:30、9:05、9:40、10:30、11:20
12:10、13:00、13:50、14:40、15:10、15:45、16:20、16:50
17:25、18:00、18:30、19:05、19:55、20:45、21:35、22:30

一日を通して運航しています。所要時間は約40分です。

運賃

鴨池・垂水フェリーの乗船料金は大人(中学生以上)が500円、小人が250円です。自家用車を載せることも可能。料金は車の大きさによって異なります。車に同乗している人の運賃が車1台につき、4名まで半額になります。

フェリーの名物『南海うどん』

鴨池・垂水フェリーに乗船した際にぜひ食べてほしいのが「南海うどん」。好みに合せて、トッピングを選んで自分だけのお気に入りのうどんを食べることができます。うどんだしはかつお節をはじめ、4種の素材から引いた出し汁と指宿、屋久島、種子島でリゾートホテルを展開するグループ会社のいわさきホテルズの総料理長のレシピで合わせたこだわりのスープです。いわさきホテルズレシピのじっくり煮込んだ手作りカレーがうどんだしとバランスよく合わさったカレーうどんがおすすめです。

フェリーに強い旅行会社

鴨池・垂水フェリー 乗り場

垂水 フェリー乗り場

垂水港~桜島口~国分~鹿児島空港、垂水港~古江・鹿屋~根占~佐多~大泊、垂水港~~鹿屋~志布志を結ぶバスが運行されています。フェリーを下船した後、鹿児島県内各地へのアクセスも良好です。

鴨池 フェリー乗り場

JR鹿児島駅から16番線大門口経由、23番線天文館経由、鹿児島中央駅からは32-1番線のバスに乗って鴨池港で下車します。

垂水フェリーは桜島の傍を横切って通過します。船上から眺める桜島はまさに絶景。鹿児島旅行の際には「垂水フェリー」に乗って、名物のうどんを楽しみながら桜島を船上から眺めてみてはいかがでしょうか。

フェリーに強い旅行会社

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

take

ホテル、外資系航空会社勤務を経て、個人旅行に特化した旅行会社で企画を担当、お客様の希望に応じた「オーダーメイドの旅」の企画・提案に携わり、ヨーロッパ各地の音楽祭、オペラ・クラシック公演鑑賞、音楽家ゆかりの地巡りなど音楽旅行を中心に手掛ける。現在は「日本再発見」をテーマに西日本を中心に各地に残る歴史・文化遺産の魅力を発信している。過去に手掛けた旅行は1000件以上。奈良大学文学部文化財歴史学科卒業。博物館学芸員資格。日本考古学協会賛助会員。2020年度「吉野アンバサダー」。大分県生まれ、福岡市育ち。

-フェリー
-, , , ,

Copyright© ノリッポ【-NORIIPPO-】 , 2021 All Rights Reserved.