ヨーロッパ リバークルーズ おすすめ船会社

ヨーロッパ個人旅行 リバークルーズのすすめ

ライン川やドナウ川といった国際河川と呼ばれる川がヨーロッパでは流れています。国際河川とはある河川が複数の国家の領土を流れるとき、沿岸の国が条約を締結してどの国の船舶でも自由に航行できるようにした河川をさします。ヨーロッパでは河川を航行するクルーズ船が運行されていて、船で移動しながら沿岸の寄港地観光を楽しむことができます。山がちの島国の日本では経験できないリバークルーズはヨーロッパ旅行ならではの楽しみです。

下船観光中、荷物は船の客室に置いておくことができるので、手荷物を持っての移動の負担もありません。個人旅行で旅行中にスリの被害に遭いやすいのが移動中の列車の乗り降り。船の移動ならこうした心配もありません。また夕食も船で食べられ、クルーズ代金に含まれているので慣れない街中でレストランを探したり、外国語で書かれたメニューの心配もありません。この記事ではヨーロッパでリバークルーズを運行している船会社を紹介していきます。

バイキングリバークルーズ

バイキングリバークルーズは、スイスに本社を置く世界的な川専門の船会社です。 豪奢なホテルで、全船が高級感あふれるスカンジナビア風の内装、ラウンジやレストラン、バー、図書室、サンデッキなどを完備しています。クルーはみな英語を話し、質の高いサービスを提供しています。ブ創業者で会長のトスタイン・ハーゲン氏は、かつての外洋の名門ロイヤルバイキングの元社長でした。日本人に大人気のライン川・ドナウ川・セーヌ川などの、オランダ、オーストリア、ハンガリー、ドイツ、フランスの世界遺産都市を巡るコースがあります。期間は7泊が中心で10泊以上長期クルーズも有ります。

アマウォーターウェイズ

アマウォーターウェイズは2002年創業されたアメリカのロサンゼルスに本社のある船会社です。リバークルーズの中では最高級のグレードを誇る船が就航しています。観光はゆっくり歩きコースもあり、サービス面で至れり尽くせりです。ヨーロッパに6隻、ロシアに1隻を運行していて、ワンランク上のラグジャリーなクルーズを楽しむことができます。ライン川やモーゼル川、セーヌ川のクルーズなどがあります。

ユニワールド

ユニワールドは1976年に創立された船会社です。 コンセプトは「ブティック・リバー・クルーズ」、浮かぶオシャレで高品質なブティックホテルの部屋に滞在しながらライン川・ドナウ川・セーヌ川などの、ブタペスト、パッサウ、バーゼル等の世界遺産や歴史的な町を巡ります。食事時間、観光や船内での時間もゆったりしています。料理にもこだわりを持っていて、できる限りシェフが市場で厳選して、地元の新鮮な食材を利用したグルメ料理を提供しています。期間は7泊が中心で10泊以上長期クルーズも有ります。

ヨーロッパのリバークルーズはシニアや夫婦の記念旅行、またハネムーンにもおすすめです。移動中に両岸にみえる沿岸の街並みもリバークルーズの楽しみです。また船内ではWifiも無料で利用できる船や飲み物の代金も含まれている船が多いのも特徴。ぜひヨーロッパでのリバークルーズをお楽しみください。

ヨーロッパへのリバークルーズ

投稿者:

take

take

スイスを中心にヨーロッパ各地を 鉄道パスを使って旅してきました。 近頃は日本の良さも改めて見直していて、 「日本再発見」に目覚めています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

閲覧履歴