ドナウクルーズ エレガントな船内でクラシック鑑賞

ドナウクルーズを楽しもう!

ドイツに端を発して、黒海に注ぐドナウ川は中欧、東欧を流れる国際河川です。ヨハン・シュトラウスの作曲した「美しき青きドナウ」は耳にしたこともある人は多いと思います。また作家の宮本輝の小説「ドナウの旅人」を読んだこともある人は多いと思います。かつてハプスブルク帝国が栄華を極め、19世紀から20世紀にかけて国際情勢に翻弄され続けた中欧、東欧を流れるドナウ川。国土が狭く、山がちな日本では味わえないリバークルーズで名曲や小説の世界に浸った旅の感動はいかがでしょうか。クルーズでは船内での宿泊、食事になります。船内での楽しみ方について紹介していきます。

ホスピタリティ溢れるスタッフとエレガントな客室

ドナウ川クルーズを催行している会社の一つがルフトナークルーズ。長年にわたって培われたホスピタリティで世界各国からのお客様をお迎えしています。クルーズで使われる船にはすべて「アマデウス」の名前が冠されています。全ての客室が窓付き。客室からは移り変わる川岸の街並みを見ていただきながら過ごすことができます。船内のデッキはハイドンデッキ、ストラウスデッキ、モーツァルトデッキとオーストリアを代表する作曲家の名前が付けられています。クラシックの本場を旅する気分を味わうことができますね。

https://lueftner-cruises.jp/ships/

船内で楽しめるクラシックの生演奏

ルフトナークルーズのクルーズではヴァイオリンやピアノの室内楽のコンサートも船内で行われています。ヨーロッパの歴史と文化を感じることができるクラシカルでエレガントな船内で聴く演奏はコンサートホールやオペラハウスなどとはまた違った感動があります。クラシック音楽は演奏者は聴く場所によって印象が異なってくるのも魅力。クラシック音楽ゆかりの街を巡るクルーズの船内で聴く演奏は乗船した人それぞれに感動と思い出を与えてくれると思います。

ドナウ川クルーズに強い旅行会社

投稿者:

take

take

スイスを中心にヨーロッパ各地を 鉄道パスを使って旅してきました。 近頃は日本の良さも改めて見直していて、 「日本再発見」に目覚めています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

閲覧履歴