グルメも街歩きも文化も楽しめる韓国第ニの都市 釜山

日本発着のダイヤモンド・プリンセスのコースで日本国内各地の寄港地に加えて立ち寄ることが多いのが韓国の釜山です。
源平合戦で平家が滅びた壇ノ浦のある関門海峡を関門大橋を望みながら釜山に船は向かいます。

釜山の概要

釜山は韓国の南端にある韓国第二の港湾都市。
古くから朝鮮半島と九州北部を結ぶ交通の要衝として栄えた都市です。
対馬から晴れた日には遠景を臨むことができます。
人口は約345万人(2015年)です。
2018年度は国際市場まで有料のシャトルバスが出ています。
国際市場にはロッテの免税店が入っていて、お土産を買っていただくのに大変便利です。
また市内には屋台も並んでいて、ホットドックをほおばりながら街歩きをお楽しみいただくこともできます。
また魚介類専門市場のチャガルチ市場では毎朝、300種類を超える魚介類が次々と運び込まれ、活気に溢れています。
韓国風の刺身などもお楽しみいただけます。

世界遺産:慶州歴史地域

慶州市は釜山から北に約1時間程度のところにある街です。
かつて新羅時代には都が置かれていた街です。
新羅王国の時代の仏教関連の遺跡や古墳が残されています。
華麗な宮殿跡の雁鴨池や新羅の繁栄を彷彿させる絢爛な文化遺産を保存、後世に伝えるために設立されたのが国立慶州博物館です。
また新羅王国の王家の墓をご覧いただける古墳公園、吐含山(トハムサン)の山麓にある仏国寺と石窟庵の二つの寺院も見どころです。

オプショナルツアーに参加しよう

ダイヤモンド・プリンセスのクルーズでは各寄港地で様々なオプショナルツアーが催行されています。
慶州に行く観光もございます。
また、水族館の釜山アクアリウム、海雲台ビーチに立ち寄るツアーも特に夏場はお薦めです。
更に韓国の伝統音楽や舞踊鑑賞もお楽しみいただけるツアーもあります。
「寄港地観光ツアーのご案内」を参照していただいて、ぜひ寄港地での観光もお楽しみください。

投稿者:

take

take

スイスを中心にヨーロッパ各地を 鉄道パスを使って旅してきました。 近頃は日本の良さも改めて見直していて、 「日本再発見」に目覚めています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

閲覧履歴