新幹線の先頭車両は1号車?車両最前列の座席番号は? |【ノリッポ】移動こそ旅の醍醐味!一歩先ゆく旅行の移動手段メディア

電車

新幹線の先頭車両は1号車?車両最前列の座席番号は?

投稿日:2019/10/24 更新日:

新幹線の車両は最後列の座席の背後にスペースが空いていて、大きなスーツケースを持って乗車する時などは、荷物を置くことも可能です。2020年5月28日から東海道・山陽・九州新幹線(東京~新大阪~博多~鹿児島中央)では「特大荷物スペースつき座席」の事前予約制が始まりました。グリーン車は座席に電源コンセントが設置されていますが、その他の車両は窓際の座席もしくは車両の前後にあります。乗車中にスマートフォンやパソコンを充電したい!、後ろの座席に気兼ねすることなく、リクライニングをゆっくり倒したい!という場合、どこの席をとるかは気になるところ。方面別に新幹線の車両編成、座席番号についてまとめてみました。

東海道・山陽新幹線

東海道・山陽新幹線は下りの博多方面の列車は先頭車両が1号車です。上りの東京方面の列車は1号車が最後尾になります。座席番号も下り列車は座席番号1番が車両の先頭、上り列車は座席番号1番が車両の最後列になります。

東北・北海道・山形・秋田新幹線

東北新幹線、北海道新幹線、山形新幹線、秋田新幹線はそれぞれ東京発の下り列車は1号車が最後尾の車両になります。座席番号も1番が車両の最後列になります。東京方面の上り列車は1号車が先頭車両、座席番号も1番が車両の最前列になります。

北陸・上越新幹線

北陸新幹線、上越新幹線も東京発の下り列車は1号車が最後尾の車両になります。座席番号も1番が車両の最後列になります。東京方面の上り列車は1号車が先頭車両、座席番号も1番が車両の最前列になります。

九州新幹線

九州新幹線は新大阪を起点にして下り方面の列車は先頭車両が1号車、車両の最前列は座席番号が1番になります。新大阪方面の上り列車は最後尾の車両が1号車、車両の最後列の座席番号が1番になります。

注意が必要なのは東北・秋田・山形新幹線、上越新幹線、北陸新幹線から東海道・山陽新幹線に東京駅で乗り継ぐ場合。例えば仙台から新幹線に乗車した場合、1号車は最後尾、車両の最後列が1番の座席です。東海道・山陽新幹線は1号車が先頭車両、車両の最前列が1番になります。「車両の最後列の座席希望」の場合、要注意です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
take

take

旅の楽しみは目的地での観光だけでなく、目的地までの移動も楽しみの一つ。鉄道での移動の時などは車窓から眺める移り変わる風景も楽しむことができます。「乗り物」に焦点を充てて、個人旅行では欠かせない「移動」の楽しみを紹介していきます。

-電車
-, , , ,

Copyright© ノリッポ【-NORIIPPO-】 , 2020 All Rights Reserved.