LCC(格安航空)ってこんなに便利!〜安さの理由とは?〜

ジェットスター

みなさま旅行や帰省など、移動の手段は何を使いますか?

車、電車、バス、飛行機、船旅など移動手段はさまざま。

その中で普段、LCCは利用されますか?

今やその驚きの安さで、年々需要が増えています

今回はそんなLCCがどうして便利なのか?

基本情報から、その安さの理由もたっぷり紹介いたします!

1.そもそもLCCってなに?

ピーチエア
引用:http://www.flypeach.com/pc/jp/lm/ai/inflights/seatmap

日本でのLCC(ローコストキャリア)、いわゆる格安航空の始まりは1998年9月にスカイマークが羽田—福岡間を就航したことだと考えられています。

2015年のJTBによる調査では、LCCの国内利用率は22.5%

今では国内線だけでなく、韓国・中国などの近隣アジアや、タイ・台湾・フィリピンなどの東南アジア、オーストラリア、ニュージランドへの航空便が存在します。

今後、需要が増えれば、米国やヨーロッパなど、範囲も広がっていくかもしれません。

2.格安航空会社の種類

バニラエアの機体
引用:https://www.vanilla-air.com/jp/meet-our-new-aircraft/spec.html

国内線の主なLCCの航空会社は以下の5社です。

※AIR DO(エアドゥ)やスカイマーク、スターフライヤーはMCC(ミドルコストキャリア)と位置づける場合があります。

3.LCCって本当に安いの?

春秋航空
引用:http://lcctrip.blog.fc2.com/blog-category-78.html

LCCを利用したことのない方にとって、どれだけ安いのかイメージしにくいですよね?

そこで国内線の1例で他の交通手段と比較してみますね。LCC、高速バス、新幹線の3つを比べてみましょう。

2017年7月29日(土)東京―大阪間を予約した場合の最安値。

LCC:6,490円 1時間30分 成田空港—関西空港(ジェットスター)

高速バス:3,300円 8時間 東京駅—大阪梅田(たびのすけ2号)

新幹線:13,620円 3時間2分 東京—新大阪(新幹線ひかり)

ご覧の通り、価格だけなら定番の高速(深夜バス)が3,300円と最安値。

ただし、「早く到着したい」「乗り物に乗っている時間は少ないほうがいい」という方のニーズにはLCCの1時間30分は魅力ではないでしょうか?

LCCは価格と時間などを合わせた、トータルのコストパフォーマンスに注目です。

4.どうしてLCCは安い? 3つの理由

LCCは2010年、「茨城—上海の往復4,000円キャンペーン」が話題を集めました。

では、どうしてLCCはこんな安い価格を実現できるのでしょうか?

その3つの理由を紹介します。

理由① 座席数が多い

バニラエアの機内
引用:https://www.vanilla-air.com/jp/meet-our-new-aircraft/

LCCは座席が狭い」とよく言われます。それは座席を多くすることによって収益を増やし、コスト削減を実現しているのです。

実際、国内などの移動であれば、乗っている時間が短いので、これは許容範囲という方が多いようですね。

理由② 受託手荷物の有料化

受け取り手荷物
引用:https://www.google.co.jp/search?q=%E5%8F%97%E8%A8%97%E6%89%8B%E8%8D%B7%E7%89%A9&rlz=1C1CAFA_enJP624JP626&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwj75bfG7avWAhXIG5QKHb6iBmAQ_AUICigB&biw=1366&bih=638#imgrc=KTFvi91_s3QpsM:

受託手荷物とは、機内に持ち込まない荷物のこと。

例えば先ほど例に挙げた、東京—大阪のジェットスターであれば、機内持ち込み(7kgまで)に加えて、10kg以内の受託手荷物を預ける場合はプラス1,850円

こうしたオプションを選択できることで、運賃自体を安くしています。

理由③ 機内サービスの省略

キャビンアテンダント
引用:http://ca-media.jp/

他の航空会社との違いが機内サービス

例えばLCCではドリンク、機内食の有料化(出ないケースもあり)、映画や音楽もない場合や、有料にするなど、サービスをオプション化することで低価格を実現しているのです。

いかがでしたか?

基本的な情報ですが、LCCの安さの秘密がわかったのではないでしょうか?

ぜひ、ご旅行の際はLCCを検討してみてくださいね。

投稿者:

誰かのクラクション

誰かのクラクション

新宿在住のライター。大学時代より車で北海道から鹿児島まで、全国を旅するようになる。 海外は7カ国。アメリカ、カナダ、グアム、韓国、中国、ネパール、チベット。 2013年に大型バイクで日本一周の旅に出るが、わずか3時間で高速道路で転倒。バイクは大破したものの、骨折もなく奇跡的に軽傷で済む。 いつか再び日本一周の旅に出ようと、リベンジをねらう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

閲覧履歴