JR九州 D&S列車 特急あそぼーい クロちゃんがお出迎え

JR九州 D&S列車

JR九州では九州の自然豊かな景観を車内から楽しんでいただこうと「D&S列車」として様々な列車を運行しています。「D&S」のDはデザイン、Sはストーリーの略、個性的なインテリアなどをあしらった様々な列車が九州本土を走っています。そんな九州の「D&S列車」の中の一つが豊肥本線を走る特急あそぼーいです。

阿蘇カルデラを走る豊肥本線

豊肥本線は大分と熊本を結ぶ路線。阿蘇カルデラのほかに沿線では滝廉太郎が作曲した名曲「荒城の月」のモデルになった岡城のある城下町竹田もあります。また大分県内では大野川の流れに沿って走る区間もあり、川と対岸の山々、そして田園風景も見ることができます。何といっても豊肥本線のハイライトはスイッチバック。スイッチバックをしながら阿蘇カルデラの自然が形作った平原部を眺めながらの列車の旅は格別です。平成28年(2016)の熊本・大分地震で豊肥本線も被害を受け、平成30年(2018)12月現在も肥後大津~阿蘇駅間が運転見合わせになっていて、スイッチバックも見ることができません。一日も早い復旧が待ち遠しいところですね。

「クロちゃんづくし」の列車

特急あそぼーいも現在、別府~大分~阿蘇駅間を1日1往復運転しています。上り列車が別府駅10時05発、終点の阿蘇駅12時20分着。下り列車が阿蘇駅15時11分発、終点の別府駅が17時11分着です。エクステリアにもクロちゃんのデザインが描かれていて、乗る人を出迎えてくれます。編成は4両編成。1号車と4号車にはパノラマ席が設けられていて、大きな窓から美しい自然を見ることができます。小さなお子様連れにうれしいのが3号車のファミリーシート。座席は窓側がいつも子供席になるように配慮された転換クロスシートの親子席、クロちゃんシート。窓側の席は幼児のお子様は両親と一緒に追加代金なく座ることができます。家族連れや友達同士の小さなグループ旅行にうれしい席が2号車のボックスシート。3名以上の予約から受付ということで合席になることがありません。また乗車した人全員に記念乗車証のプレゼント。スタンプ台紙にもなっているので旅の記念になります。車内もクロちゃんづくしのあそぼーい。クロちゃんと旅のお供に列車の旅はいかがでしょうか。

車窓からの景色が意外と楽しめる豊肥本線。山や川、田園地帯を楽しめます。豊後竹田で途中下車して城下町の雰囲気を楽しむこともできます。特急あそぼーいに是非乗ってみてください。

 

投稿者:

take

take

スイスを中心にヨーロッパ各地を 鉄道パスを使って旅してきました。 近頃は日本の良さも改めて見直していて、 「日本再発見」に目覚めています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

閲覧履歴