【Go To トラベル×にっぽん丸】2020年11月 秋の絶景クルーズ【ノリッポ】 |【ノリッポ】移動こそ旅の醍醐味!一歩先ゆく旅行の移動手段メディア
竹島_蒲郡

船・クルーズ

【Go To トラベル×にっぽん丸】2020年11月 秋の絶景クルーズ【ノリッポ】

投稿日:2020/10/07 更新日:

新型コロナウィルス感染拡大の影響で長らく運航を見合わせていたクルーズ船。「飛鳥Ⅱ」に引き続いて、「にっぽん丸」も万全の感染症対策をとった上で、2020年11月から運航を再開します。2020年7月から始まった「Go To トラベル」の対象になっている「にっぽん丸」のクルーズ。小回りの利く船体なので地方都市の寄港も多いです。今日は三河湾岸の都市蒲郡を訪ねるクルーズを紹介します。

にっぽん丸 秋の絶景クルーズ~香嵐渓~

横浜発着で三河湾に面した蒲郡に寄港するコースです。横浜を11月24日(火)17:00に横浜を出港して、11月25日(水)09:00に蒲郡に到着、同日16:00に出港して、11月26日(木)に横浜港に寄港するコースです。クルーズ下船中の最大の見どころ香嵐渓は東海地方随一の紅葉の名所。11月に約4,000本のもみじが一斉に紅葉し絶景を織り成します。下船中は香嵐渓への連絡バスが追加代金なしで乗車できるほか、紅葉と蒲郡クラシックホテルでのランチもしくは徳川家康の生まれ故郷岡崎を訪ねる下船観光ツアーが予定されています。

【Go To トラベル】にっぽん丸のクルーズ予約

寄港地・蒲郡の魅力

三河湾に面した蒲郡は渥美半島と知多半島に囲まれた温暖な気候の海辺の町。沿岸一帯が三河湾国定公園に指定されています。蒲郡といってもピンとこない人が多いと思いますが、中京圏では古くから保養地として親しまれてきました。実はこんな魅力的な場所があります。

蒲郡クラシックホテル

蒲郡クラシックホテルは志賀直哉の作品にも登場する景勝地竹島の対岸、海沿いの標高30mほどの高台に建つ老舗ホテルです。明治45年(1912)に料理旅館「常磐館」として創業、昭和9年(1934)に当時の鉄道省認定の国際観光旅館として開業しました。「日本クラシックホテルの会」にも加盟している伝統と格式を現在に受け継いでいるホテルです。格調高く華麗な城郭風建築の外観に加えて、クラシカルで知的なアールデコ様式の内装や調度品は風格を感じさせます。メインダイニングルームではフランス風シーフード料理、レストラン六角堂では鉄板焼きのステーキやシーフード、レストラン竹島では会席料理(事前予約制)が地元の食材をふんだんに使って提供されます。2階バルコニーに接して、美しい竹島と三河湾の眺望を楽しみながらコーヒーやケーキを楽しめる「アゼリア」でのティータイムもおすすめです。

※ホテルの予約は上の写真をクリック

ラグーナテンボス

ラグーナテンボスは三河湾を望む複合リゾート施設。テーマパーク「ラグナシア」はエンターテイメント施設が充実しています。多彩なアトラクションや花と水とアートが融合したガーデンエリア、ハウステンボス歌劇団の公演、イルミネーションやマッピングショーなどを楽しむことができます。ショッピングモール&レストラン「ラグーナ フェスティバルマーケット」には、生活雑貨やファッションのお店、シーサイドレストランに加えて新鮮な地元の魚介をその場で食べることができる市場があります。他にも、温海水や海藻などの海の恵みを活用した国内最大かつ世界水準の本格的なタラソテラピー施設「タルゴ ラグーナ」や美しい三河湾の夕陽を正面に望む天然温泉「ラグーナの湯」など一日遊び尽くすことができます。

ラグーナテンボス

海外旅行ができるようになるにはもう少し時間がかかると言われています。こうした状況だからこそ、日本国内の見どころを刊行して日本の魅力を感じて、「日本再発」の旅を楽しんでみてはいかがでしょうか。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
take

take

旅の楽しみは目的地での観光だけでなく、目的地までの移動も楽しみの一つ。鉄道での移動の時などは車窓から眺める移り変わる風景も楽しむことができます。「乗り物」に焦点を充てて、個人旅行では欠かせない「移動」の楽しみを紹介していきます。

-船・クルーズ
-, , , , , , , , , ,

Copyright© ノリッポ【-NORIIPPO-】 , 2020 All Rights Reserved.