銀山温泉 おすすめ旅館3選 |【ノリッポ】移動こそ旅の醍醐味!一歩先ゆく旅行の移動手段メディア
銀山温泉

その他旅行情報

銀山温泉 おすすめ旅館3選

投稿日:2020/06/30 更新日:

銀山温泉はかつて江戸時代初期の大銀山として栄えた「延沢銀山」の名称に由来している温泉地。大正末期から昭和初期に建てられた洋風木造多層の旅館が銀山川の両岸に沿って軒を並べていて大正ロマンを感じることができます。1986年に「銀山温泉家並保存条例」を制定して景観整備に努めています。そんな銀山温泉のおすすめ旅館を3つ紹介させていただきます。

能登屋旅館

能登屋旅館は温泉街の中心部に佇む情緒溢れる上品な温泉旅館です。1892年創業の老舗旅館。銀山川を挟んで建つ本館と別館からなります。本館は1921年に建てられて、国指定登録有形文化財に指定されています。館内は大正時代の姿をそのまま留めた飴色の階段や吹き抜けの談話室など、大正レトロな趣ある空間。宮崎アニメの「千と千尋の神隠し」の中に登場する神々の世界に迷い込んだ千が辿り着いた赤い橋とその向こう側にある湯屋「油屋」は能登屋旅館がモデルだったのではといわれます。館内には天然温泉の大浴場、露天風呂、白銀の滝を望む高台にある展望露天風呂、貸切の洞窟風呂が完備されています。

藤屋

江戸時代に創業した老舗旅館の藤屋。2006年に新国立競技場の設計を手掛けた隈研吾氏の設計によって改装が行われ、伝統を周囲の景観と調和しつつ、洗練されたスタイリッシュなデザインの温泉旅館に生まれ変わりました。ステンドグラスや和紙、簾虫籠(すむしこ)と呼ばれる竹製のフィルターなどを重ね合わせてデザインされた優しさを感じる空間は、日常を忘れたひと時を過ごすことができます。全8室に対して5つの貸切風呂が用意されていて、宿泊者限定。24時間空いていればいつでも楽しむことができます。

古勢起屋旅館別館

銀山温泉街のほぼ中央に位置し、切妻屋根の木造四層構造の川側の建物と鉄筋五階建の山側の建物が一体となった風情のある旅館です。客室は伝統的な木製建具と床の間を備え、上質の家具をあつらえた純和室で、落ち着いた雰囲気。ベッド2台の板の間+和室の定員2〜4人の客室のほか、飾り障子や欄間を設け和室にベッド2台を備える二間続きの客室なども用意されています。

銀山温泉へのアクセス

列車で行く場合、最寄りとなる駅は山形新幹線の大石田駅。大石田駅から市営バスに乗って銀山温泉バス停まで約40分。バス停から温泉街まで徒歩で約10分です。大石田に停車する新幹線は数が限られるので要注意です。また宿から送迎サービスもあるので、予約の際に問い合わせると対応してくれます。

冬場は雪が積もって、ノスタルジックな雰囲気を一層感じることができます。静かな山間の温泉地でタイムスリップしたかのような日常を忘れたひと時を過ごしてみてはいかがでしょうか。

銀山温泉

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
take

take

旅の楽しみは目的地での観光だけでなく、目的地までの移動も楽しみの一つ。鉄道での移動の時などは車窓から眺める移り変わる風景も楽しむことができます。「乗り物」に焦点を充てて、個人旅行では欠かせない「移動」の楽しみを紹介していきます。

-その他旅行情報
-, , ,

Copyright© ノリッポ【-NORIIPPO-】 , 2020 All Rights Reserved.