コスタクルーズ 那覇発着クルーズがおすすめ

「コスタネオロマンチカ」号で日本発着のクルーズを多数運航しているコスタクルーズ。福岡、舞鶴、金沢といった地方都市から発着するクルーズもあります。2019年秋からコスタクルーズが那覇発着のショートクルーズを開始します。沖縄の島々を船で訪れる那覇発着のクルーズの魅力について紹介します。

クルーズに強い旅行会社

コスタネオロマンチカ 那覇発着クルーズ日程(2019-2020)

2019年秋から2020年にかけて既に発表されているコースは下記の通りです

2019年秋

2019年10月18日発(3泊4日)     那覇-石垣島-基隆-那覇
2019年10月26日発(4泊5日)     那覇-宮古島-石垣島-基隆-那覇
2019年10月21日発(5泊6日)     那覇-宮古島-石垣島-基隆-石垣島-那覇

2020年春

2020年4月6日発(4泊5日) 那覇-宮古島₋基隆-石垣島₋那覇
2020年4月13日発(4泊5日)那覇-花蓮-基隆-那覇
2020年4月17日発(3泊4日)那覇-宮古島-基隆-那覇
2020年4月20日発(5泊6日)那覇-石垣-基隆-花蓮-宮古島-那覇

2020年秋

2020年10月11日発(4泊5日)那覇-石垣-基隆-石垣-那覇
2020年10月15日発(3泊4日)那覇-宮古島-基隆-那覇
2020年10月18日発(3泊4日)那覇-石垣-基隆-那覇
2020年10月25日発(3泊4日)那覇-石垣-基隆-那覇

2019年10月 那覇発着ショートクルーズ

2020年4月 那覇発着ショートクルーズ

2020年10月 那覇発着クルーズ

那覇発着クルーズがおすすめな点

一度の旅行で複数の沖縄の島々に訪れることができる

沖縄旅行に行く場合、沖縄本島のみ、八重山諸島のみといった旅が大半かと思います。複数の島を訪ねる場合、那覇から目的地の島まで空路での移動となり、フライトスケジュールの関係もあって日にち繰りが難しくなって、旅行日数が長くなりがちかと思います。海上を移動する船の旅だからこそ、コンパクトな日程で沖縄の島々の魅力を楽しむことができます。

旅行費用が意外と安い

島と島との移動手段は飛行機が中心になりますが、那覇から宮古島、石垣島への飛行機代金もかなりかかります。加えて目的地での島でのホテル代金や食事代が別途かかります。クルーズでは客室での宿泊代金はもちろん、食事代金も含まれています。

日中の時間をフル活用して観光ができる

クルーズは夜、出港して翌朝に次の港に到着するというスケジュールが一般的です。夜はゆっくり休む、また船内で開催されているイベントに参加するなど船上ライフを楽しむなど思い思いに過ごして、港に船が停泊している日中は寄港地での観光を楽しむことができます。日中の時間が移動時間に割かれる飛行機での移動に比べて、観光する時間が長くなり、時間も有効活用できます。

コスタクルーズとは?

那覇発着のショートクルーズを催行するコスタクルーズは「海の上のイタリア」をテーマにイタリアらしい陽気なおもてなしや多彩な美食、そして子供からシニア層までさまざまなニーズに応じた陽気で楽しいイタリアンスタイルの船旅を提供することを目指しています。このクルーズで使用される「コスタネオロマンチカ」号は2017年4月から日本に就航している客船です。船内には、6つのレストランと6つのバー&ラウンジ、4,400㎡という広大なスパエリア、プールやカジノなどが完備されていて、まるでモダンなラグジュアリーホテルに滞在しているかのような空間が魅力的です。

那覇までは飛行機で行って、那覇からクルーズ船に乗船。沖縄本島だけではなく、宮古島や石垣島といった沖縄の島々を巡ることができる那覇発着のクルーズ。沖縄旅行の新しいスタイルになりそうですね。

コスタクルーズの予約はこちらから

投稿者:

take

take

スイスを中心にヨーロッパ各地を 鉄道パスを使って旅してきました。 近頃は日本の良さも改めて見直していて、 「日本再発見」に目覚めています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

閲覧履歴