2019年度「エアライン・オブ・ザ・イヤー」 カタール航空

2019年度「ワールド・エアライン・アワード」

イギリスの航空サービス格付け会社スカイトラックス社は毎年、世界中の300以上の航空会社に対して評価をしてランキングを発表しています。2019年の総合部門「World’s Best Airlines」をはじめ、「最優秀ビジネスクラス」、「最優秀ビジネスクラスシート」などの部門別のランキング、さらに地域別のランキングも発表されています。2019年の総合部門の一位に輝いたのが中東のカタール航空。トップ10にランクインした航空会社はシンガポール航空、全日本空輸(ANA)、キャセイパシフィック航空、エミレーツ航空、エバー航空、海南航空、カンタス航空、ルフトハンザ・ドイツ航空、タイ国際航空です。カタール航空は5回目の受賞。日本からは全日空が3位になっています。過去10年間の「エアライン・オブ・ザ・イヤー」は2018年シンガポール航空、2017年カタール航空、2016年エミレーツ航空、2015年カタール航空、2014年キャセイパシフィック航空、2013年エミレーツ航空、2012年カタール航空、2011年カタール航空、2010年アシアナ航空です。カタール航空は昨年2位、近年サービスが世界的に高い評価を得ているといえます。カタール航空の魅力について記事で紹介をしていきます。

クルーズに強い旅行会社

カタール航空 日本発着便

カタール航空は成田空港発着、羽田空港発着がそれぞれ1便ずつ毎日運航しています。2019年の夏季のスケジュールは下記の通りです

QR0813  羽田 0:01発→ドーハ 06:00着
QR0807 成田 22:20発→ドーハ 03:50着+1日

QR0806 ドーハ 02:10発→成田 18:40着
QR0812 ドーハ 06:45発→羽田 22:40着

ドーハからはヨーロッパ各都市へ乗り継ぐことができます。カタール航空はワン・ワールドに加盟しています。カタール航空の搭乗で同じくワン・ワールドメンバーの日本航空のマイレージも貯めることができます。

充実した機内サービス

高い評価を得ているカタール航空のサービス。機内では4,000チャンネル以上ものエンターテイメントプログラム、エコノミークラスでも充実している機内食などを楽しむことができます。特にエンターテイメントプログラムの充実ぶりは目を見張るものがあり、どのプログラムを見るか迷うほどです。飛行ルートからフライト時間が長くなりがちなカタール航空ですが、機内で退屈することがなく空の旅を過ごすこともできるかと思います。

カタール航空のハブ空港 ハマド国際空港

2014年に新しく供用が開始されたカタール航空の新しいハブ空港が近代的なハマド国際空港。様々なタイプのカフェやレストランに加えて世界最大級の免税店エリアもあり、上品なブティックと魅力的なショップの数々で思い出に残る買い物を楽しむことができて、乗り継ぎの待ち時間も退屈することがありません。

ドーハで乗り継いでヨーロッパ各都市にもお昼ごろに到着するカタール航空。帰国の際も午後に現地を出発するフライトが多く、現地滞在最終日の朝もゆっくり過ごすことができます。航空券代金が比較的安いのも魅力。コスパの良い航空会社としておすすめです。

航空券付きクルーズツアー

魅惑の地中海クルーズ

 

 

 

投稿者:

take

take

スイスを中心にヨーロッパ各地を 鉄道パスを使って旅してきました。 近頃は日本の良さも改めて見直していて、 「日本再発見」に目覚めています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する記事

閲覧履歴