カーフェリー 航送運賃とは?【ノリッポ】 |【ノリッポ】移動こそ旅の醍醐味!一歩先ゆく旅行の移動手段メディア

船・クルーズ フェリー その他旅行情報

カーフェリー 航送運賃とは?【ノリッポ】

投稿日:2020/12/15 更新日:

地方に行くと鉄道やバスなど公共交通機関も本数が限られていて、時間の制約が大きくなったり、効率よく観光できなかったりすることも多くなります。マイカーならそんな心配なく、自由度の高い旅を楽しむことができます。フェリーではマイカーやバイクを運んで現地で観光を楽しむことができます。

フェリー マイカー利用の注意点

マイカーやバイクをフェリーに乗せるときに必要になるのが「車検証」です。「車検証」には車について正確な長さが記載記載されていて、この情報が必要になります。またフェリー会社によっては、車両の長さやナンバーを予約時に登録する必要があります。船会社によって対応は異なりますが、予約する際には大まかでも車の長さを伝える必要があります。これもフェリー会社によって対応が異なりますが空きがあれば当日、受付で乗船を申し込むこともできます。しかし乗せることができる車やバイクは数にも限りがあります。予定が決まり次第、予約をすることがおすすめです。また車の積込みのこともありますので、出港時刻から早めに港に到着する必要がありま。

フェリー 自動車航送運賃とは?

「自動車航送」とは車やバイクをフェリーを含めた船舶で運ぶ専門用語で、「海上運送法」という法律で規定されています。車やバイクを船で運ぶ料金が「自動車航送運賃」です。「自動車航送運賃」はフェリー会社によってまちまちです。「3m未満」から1m毎に運賃が細かく定められています。「自動車航送運賃」には運転手1名の一番安いカテゴリーの船室に乗船する場合の運賃が含まれています。上のカテゴリーの船室を希望する場合は部屋代金の差額を追加して払えば、もちろん予約することができます。家族旅行など同乗者については、一般の「旅客運賃」がかかります。また車だけフェリーで送って、自身は鉄道や飛行機で移動する「無人航送」を受け付けているフェリー会社もあります。その場合、「無人航送」ということで受け付けてくれますが、車の積み込み、積み下ろしをフェリー会社に委託する積込み料金、積降ろし料金が別途かかります。

バイクはどうなるの?

車だけでなく、バイクや自転車をフェリーで目的地まで運ぶこともできます。バイクや自転車は「特殊手荷物」という扱いになって、「特殊手荷物運賃」という運賃がかかります。フェリー会社によっては「原付・バイク航送運賃」という名前になっています。「自動車航送運賃」とは異なって、「特殊手荷物運賃」には「旅客運賃」は含まれてなく、別途支払う必要があります。バイクにも「無人航送」があって、積込み料金、積降おろし料金を別途払って、バイクだけを船で目的地まで送ることができます。

「自動車航送運賃」はフェリー会社によって設定が異なります。現地での運転はレンタカーより日ごろから乗り慣れているマイカーのほうがより一層安心できるもの。フェリーを大いに活用して、マイカーで家族旅行に出かけてみてはいかがでしょうか。

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
take

take

旅の楽しみは目的地での観光だけでなく、目的地までの移動も楽しみの一つ。鉄道での移動の時などは車窓から眺める移り変わる風景も楽しむことができます。「乗り物」に焦点を充てて、個人旅行では欠かせない「移動」の楽しみを紹介していきます。

-船・クルーズ, フェリー, その他旅行情報
-, , , , ,

Copyright© ノリッポ【-NORIIPPO-】 , 2021 All Rights Reserved.