箱根フリーパス 箱根の旅も自由自在♪

箱根フリーパスとは?

箱根登山鉄道全線、箱根ケーブルカー、箱根ロープウェー、
芦ノ湖の海賊船、箱根登山バス、観光施設巡りバスなどで利用できます。

2日間用と3日間用の2種類があって、
発着駅によって値段が異なります。
例えば新宿発着の場合
2日間用が 5,140円
3日間用が 5,640円。
小田原までの小田急線の往復乗車券も含まれています。
ロマンスカーに乗るときは別途、指定席特急券が必要になります。

利用日の1か月前から小田急線の駅などで買うことができて、
もちろん、出発日当日にも買うことができます。

箱根ガラスの森美術館やポーラ美術館のある仙石原、
そして御殿場プレミアムアウトレットまで利用できて、
この切符1枚だけで箱根の交通機関がほぼ全て利用できます。

首都圏発着のクルーズに強い旅行会社

箱根フリーパスで強羅公園に行こう!

箱根フリーパスは箱根にある施設で割引優待を受けることができます。箱根ガラスの森美術館、彫刻の森美術館、ポーラ美術館や箱根関所など。箱根の主だった観光施設50以上をカバーしています。

そんな中、箱根フリーパスを見せるだけで無料で入場できるのが強羅にある強羅公園(通常は入場料550円:2018年7月現在)。強羅公園は大正3年(1914年)に開園された、日本初のフランス式整型庭園です。春先のツツジ、初夏のアジサイ、秋の紅葉と季節に応じた自然の移り変わりを楽しむことができます。園内にある箱根クラフトハウスで陶芸や吹きガラス、サンドブラスト、ドライフラワーアレンジメント、とんぼ玉の工芸体験、茶室での茶道、熱帯植物園なども楽しめます。

日本発着クルーズ 日本の魅力再発見

混雑知らずの箱根フリーパス

東京都内から気軽に足を運べる箱根は近年、増加している外国人観光客にも人気の観光地です。中には切符を買ったりするのに列ができたりすることもあります。箱根フリーパスを持っていればそんな心配も無用。列に並ぶことなく、交通機関に乗ることができます。バスに乗って降りるときに「Suicaのチャージがない!」、「小銭の出し入れが面倒!」ということで手間取ることなく、ストレスフリーでスムーズでスイスイ乗り継ぐことができます。箱根に行くときはぜひ、「箱根フリーパス」の用意がお薦めです。

 

投稿者:

take

take

スイスを中心にヨーロッパ各地を 鉄道パスを使って旅してきました。 近頃は日本の良さも改めて見直していて、 「日本再発見」に目覚めています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する記事

閲覧履歴