糸島 観光【ノリッポ】 |【ノリッポ】移動こそ旅の醍醐味!一歩先ゆく旅行の移動手段メディア
糸島_夫婦岩

レンタカー 自転車 その他旅行情報

糸島 観光【ノリッポ】

投稿日:

「住みやすい町」のランキング上位常連の福岡市。ビジネスマンにも人気の希望勤務地で、福岡に赴任して、あまりの住み心地の良さに異動で福岡を離れるのが名残惜しいといった話もあります。町は洗練されていて、市内には大濠公園をはじめ、公園が多く、自然に触れあえる身近な行楽地が市内にあるのが魅力。糸島は福岡市近郊にあって近年人気が高まっているおしゃれスポット。そんな糸島の魅力を紹介します。

糸島市の概要

糸島市は福岡市の西部にある都市。邪馬台国の卑弥呼でおなじみの中国の歴史書「魏志倭人伝」に記されている「伊都国」があった地です。福岡市営地下鉄とJR筑肥線が相互の乗り入れをしていて、福岡空港や博多駅、天神にも直通で移動することができます。平成22年1月1日に前原市、糸島郡二丈町、糸島郡志摩町が合併して糸島市が誕生しました。北部と西部は玄界灘に面した美しい海岸線が広がっていて、夏は海水浴でにぎわいます。南部には豊かな背振山系の山々が連なり、四季を通して山登りやハイキングを楽しむ人たちで一年を通じて賑わっています。

糸島のおすすめ観光スポット

桜井二見ヶ浦

「桜井二見ヶ浦」は糸島市を代表する景勝地の一つ。カップルにおすすめのデートスポットです。福岡藩2代藩主黒田忠之が創建した櫻井神社の宇良宮として祀られていて、神聖な地とされています。海岸から約150m沖にしめ縄で結ばれたご神体の夫婦岩が仲良く並んでいます。透き通った青い海と白い鳥居が見事なまでの色彩のコントラストを生み出しています。「日本の夕日100選」に選ばれていて、ここで眺める夕日はまさに絶景。夏至の頃には夫婦岩の中央に沈む夕陽を眺めることができます。「日本の渚100選」にも選ばれています。

糸島_二見が浦

桜井二見ヶ浦
住所: 福岡県糸島市志摩桜井
駐車場: 約50台
公共交通: JR筑肥線「筑前前原駅(北口)」から野北線「伊牟田バス停」下車、徒歩約30分

芥屋の大門

芥屋の大門は佐賀県唐津市にある七ツ釜、兵庫県豊岡市にある玄武洞と並ぶ日本の三大玄武洞の一つ。六角形や八角形の玄武岩柱状節理をなしていて、玄界灘の荒波によって海蝕されてできた洞窟です。洞窟は高さ64m、奥行90m、間口10m。黒々と玄界灘に向かって口を開く様子はまさに神秘的な景観です。3月16日から11月30日までは芥屋漁港から遊覧船が出ていて、自然美を堪能することができます。近くにある芥屋海水浴場は「日本の快水浴場100選」にも選ばれている人気の海水浴場。芥屋の大門公園は”トトロの森”と呼ばれるる森の中を抜ける展望台へのトレイルと海岸の散歩道が人気。芥屋の大門と併せて楽しむことができます。

糸島_芥屋の大門

芥屋の大門公園
住所: 福岡県糸島市志摩芥屋
駐車場:約50台
公共交通:JR筑肥線「筑前前原駅(北口)」から芥屋線「芥屋バス停」下車、徒歩約10分

姉子の浜

玄界灘の荒波によって形成された長さ約1.1㎞の浅瀬の白浜海岸。砂浜を歩くと、キュッキュッと不思議な音がする「鳴き砂」の海岸です。砂が鳴く音は石英の摩擦によるもので、きれいな浜でしか鳴かないと言われています。玄界灘に浮かぶ島々の美しい眺めと夕日の美しさで知られています。

糸島_姉子の浜

写真参照:糸島市観光協会

姉子の浜
住所:福岡県糸島市二丈鹿家
駐車場:17台
公共交通:JR筑肥線「鹿家駅」から徒歩約20分

白糸の滝

白糸の滝は糸島市の南部、羽金山の中腹530mにあります。マイナスイオンをたっぷり浴びることができる清涼スポットです。滝の周辺は「白糸の滝ふれあいの里」として、ヤマメを贅沢に使った定食やそば打ち体験が楽しめる食事処「四季の茶屋」、滝見水車、展望所・ヤマメの釣り堀等が整備されています。ゴールデンウィークのヤマメ釣りの解禁から9月30日までは名物そうめん流しも楽しめます。6月中旬から7月上旬にかけては10万本以上のあじさいが咲き誇ります。

糸島_白糸の滝

白糸の滝ふれあいの里
住所:福岡県糸島市白糸460-1
営業時間:9時~17時(7~8月は18時まで)
定休日:12~3月の毎週水曜日
駐車場:約200台 ※夏季は混雑する場合があります
公共交通:JR筑肥線「筑前前原駅(南口)」から白糸線「白糸バス停」下車、徒歩約30分

雷山千如寺大悲王院

千如寺は天平14年(742年)に開山されたと伝承される由緒ある寺院。。大悲王院は宝暦2年(1752年)に福岡藩主黒田継高が建立しました。中には鎌倉時代作の国指定重要文化財「木造千手千眼観音立像」と「木造清賀上人座像」が安置されています。境内には福岡県の天然記念物にも指定される樹齢約400年の大カエデがあります。秋は紅葉で賑わいます。

糸島_雷山千如寺大悲王院

雷山千如寺大悲王院
住所:    福岡県糸島市雷山626
駐車場: 150台
拝観料:無料(11月1日から30日までは大人100円)本尊等拝観は大人400円、中学生以下は無料
拝観時間:9:00~17:00 年中無休
公共交通:JR筑肥線「筑前前原駅(南口)」から雷山線「雷山観音前バス停」下車、徒歩7分

糸島のおすすめカフェ・レストラン・ショップ

ヤシの木ブランコ

砂浜でのBBQやおいしい魚料理などが楽しめるお店「ざうお糸島本店」。この店の敷地内にあるヤシの木のブランコは女性を中心に大人気。目の前に美しい海が広がる砂浜に南国を思わせるヤシの木が2本、そしてその間にブランコが掛けられています。新鮮な海の幸を使った料理とともに楽しむことができます。

ヤシの木ブランコ
ざうお糸島本店
住所: 福岡県福岡市西区大字小田79-6)
交通アクセス:JR九大学研都市駅または今宿駅から昭和バス西浦線「ざうお本店前」バス停下車、徒歩1分

天使の羽

レストラン、雑貨、カフェなど魅力的な店舗を展開している「パームビーチ・ザ・ガーデンズ」。地元の糸島の食材にこだわり、旬のものを最大限に生かした地産地消のレストラン「パームビーチ」の向かい側にあります。パームビーチ・ザ・ガーデンズから砂浜に降りたところの壁面に描かれている天使の羽は、この羽の前に立って写真を撮ると自分の背中に羽が生えたように映ることから若い女性を中心に人気です。

写真参照:糸島市観光協会

パームビーチ・ザ・ガーデンズ
住所:      福岡県福岡市西区西浦285
公共交通:JR九大学研都市駅または今宿駅から西浦線「PALM BEACH」バス停下車、徒歩約2分

ロンドンバスカフェ

サンセットロード沿いにある2階建てのロンドンバスを改装したカフェ。ジェラートやホットドッグ、ジュースやコーヒー、ビールなどが販売されています。2階からは美しい海を一望することができます。

糸島_ロンドンバスカフェ

写真参照:糸島市観光協会

ロンドンバスカフェ
住所:  福岡県糸島市志摩野北2289-6
営業時間: 11:00~日没まで
定休日: 不定休
公共交通: JR筑肥線「筑前前原駅(北口)」から野北線「野北」バス停下車、徒歩約10分

ビーチカフェ・サンセット

目の前に広がる海を眺めながら糸島の新鮮な食材を使った旬の料理や飲み物を楽しむことができます。道路を渡った正面にある小さな東屋は目の前の砂浜に流れ着いた流木などで柱や天井を飾っています。

ビーチカフェサンセット

ビーチカフェ・サンセット
住所: 福岡県福岡市西区西浦284
公共交通:JR筑前前原駅北口から野北線「伊牟田」バス停下車、徒歩約40分

糸島での交通手段

糸島ではJR筑前前原駅を起点に路線バスが走っていますが、あくまでも生活路線。便数も少なく、糸島を周遊するような路線はありません。点在している観光スポットを訪ねるには不便であることは否めません。筑前前原駅前にはレンタカー会社の店舗があります。海や山、人気のショップをぐるっと周遊するにはレンタカーがおすすめです。また福岡市内からレンタカーに乗って糸島を訪ねてもいいかもしれません。台数にも限りがありますので、前日までに予約をすると安心です。また筑前前原駅前の糸島市観光協会をはじめとして、市内3か所でレンタサイクルもあります。電動アシスト付とクロスバイクの2種類がありますので、気候が良ければレンタサイクルで糸島を周遊するのもおすすめです。

糸島市観光協会レンタサイクル概要

貸出場所 (一社)糸島市観光協会(福岡県糸島市前原中央1丁目1-18)
※JR筑前前原駅(北口)前
貸出時間 9:00~15:00
返却は17:00までに貸出場所に返却。乗り捨て不可
台数 電動アシスト自転車 10台、クロスバイク 4台
ご利用料金 2時間: 600円、4時間: 1,000円、8時間(1日): 1,500円
延長(1時間)300円
アシスト可能距離 約59km(道路の状況などによって変化します。)※電動アシスト自転車のみ
お問合せ 092-322-2098(一社)糸島市観光協会
貸出時の注意事項 ※貸出には各自身分証明書(運転免許証、健康保険証、学生証、パスポートなど ※コピー不可)と通話ができる携帯電話・スマートホンが必要
※高校生は貸出時に保護者に電話連絡での同意が必要となります、中学生以下は保護者同伴での利用となりますご了承ください。

※糸島市観光協会ウェブサイトから抜粋

また糸島市観光協会では手荷物の一時預かりサービスもあります。預かり時間は09:00~17:00、1個につき300円です。

福岡 糸島 観光 予約 問合せ

近年は観光だけでなく、移住先としても人気のある糸島。新型コロナウィルス感染拡大に伴い、テレワークが推奨される中、注目されている「ワーケーション」や「多拠点生活」の拠点としてもおすすめです。福岡に足を運んだ時は、ぜひ糸島に足を延ばしてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
take

take

旅の楽しみは目的地での観光だけでなく、目的地までの移動も楽しみの一つ。鉄道での移動の時などは車窓から眺める移り変わる風景も楽しむことができます。「乗り物」に焦点を充てて、個人旅行では欠かせない「移動」の楽しみを紹介していきます。

-レンタカー, , 自転車, その他旅行情報
-, , , , ,

Copyright© ノリッポ【-NORIIPPO-】 , 2021 All Rights Reserved.