カンヌ 地中海クルーズ おすすめ寄港地観光【まとめ】【ノリッポ】 |【ノリッポ】移動こそ旅の醍醐味!一歩先ゆく旅行の移動手段メディア

船・クルーズ

カンヌ 地中海クルーズ寄港地 おすすめ観光【まとめ】【ノリッポ】

投稿日:2020/05/28 更新日:


ハネムーンでも人気の地中海クルーズ。世界遺産に登録されている中世の街並みや風光明媚な都市が沿岸には点在しています。コバルトブルーの海を移動しながらロマンチックな都市を巡る旅は日常を忘れた至福の時を過ごすことができます。紺碧の海がまぶしいリゾート地が南仏のコートダジュール。コート・ダジュールの寄港地の一つ、カンヌを紹介します。

カンヌの魅力

地中海に面した高級リゾート地として発展してきたカンヌ。「カンヌ国際映画祭」は世界的にも権威のある映画祭です。映画祭の舞台になっているのがパレ・デ・フェスティバル・エ・デ・コングレ。正面入り口の階段には常にレッドカーペットが敷かれていて、一年を通じて映画祭の雰囲気を味わうことができます。クロワゼット大通りは海沿いに延びるカンヌのメインストリート。セレブたちが泊まる高級ホテルや一流ブティックが建ち並んでいます。クロワゼット大通りに並行しているのがアンティーブ通り。カンヌの有名なショッピングストリートです。有名ブランドから個性的な小さなブティックまで建ち並んでいます。カンヌ市庁舎の裏手にある市場がマルシェ・フォーヴィル。カンヌに限らず、マルシェは現地の日常を感じることができるおすすめスポットです。

地中海クルーズ 一覧

カンヌから日帰り観光

コートダジュールには素敵な町や村が点在しています。そんな町や村の中でカンヌから比較的足を運びやすい3つの町を紹介します

アンティーブ

カンヌから鉄道で約10分で足を運べる地中海沿岸の町、アンティーブ。町の中心部には駅から10分程度歩きます。この町の必見の見どころはグリマルディ城。古代ギリシャ都市のアンティポリスの城砦で城内にはピカソ美術館があります。ゴルフ・ジュアンに滞在していたピカソがアトリエを探していて、この城で作品を制作しました。城から眺める地中海はまさに絶景です。旧市街は歴史ある建物が残されていて、地中海の海の幸を使ったグルメを楽しむこともできます。

グラース

香水の都として知られるグラース。グラースの香水はフランス全体の収益の50パーセントを占めていて、世界全体の収益の10パーセントをも占めています。いかに香水が盛んかわかりますね。フラゴナール、ガリマール、モリナールといった工房では工場見学をすることができます。また実際にオリジナルの「香水作り」にもチャレンジすることができます。「自分だけ」の世界に一つしかない香水は旅の素晴らしい思い出になることでしょう。カンヌからはバスが出ていて所要時間は約1時間です。

サン・ポール・ド・ヴァンス

サン・ポール・ド・ヴァンスはコートダジュール地方によく見られる「鷲の巣村」の一つ。村は城壁に囲まれた中に中世の建物が今も残されています。多くの芸術家たちに愛された村でシャガールはこの地に20年在住、この地で永眠しています。村の中には絵画や洋服、ファッションの小物類、アクセサリー、装飾品などシックでおしゃれな店が建ち並んでいます。マーグ財団美術館はヨーロッパ最大級の20世紀の絵画や彫刻、グラフィックアートのコレクションを有する美術館です。芸術に関心が高い人にはたまらない村です。

MSCクルーズ 地中海クルーズ一覧

コートダジュールの町を一日でたくさん回るには寄港地観光ツアー、現地発着のオプショナルツアー参加がお勧めです。カンヌやニースといった大きな都市からそれぞれの町へのアクセスはそれほどではないのですが、町と町を結ぶ公共交通機関となるとアクセスが悪くなります。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

take

ホテル、外資系航空会社勤務を経て、個人旅行に特化した旅行会社で企画を担当、お客様の希望に応じた「オーダーメイドの旅」の企画・提案に携わり、ヨーロッパ各地の音楽祭、オペラ・クラシック公演鑑賞、音楽家ゆかりの地巡りなど音楽旅行を中心に手掛ける。現在は「日本再発見」をテーマに西日本を中心に各地に残る歴史・文化遺産の魅力を発信している。過去に手掛けた旅行は1000件以上。奈良大学文学部文化財歴史学科卒業。博物館学芸員資格。日本考古学協会賛助会員。2020年度「吉野アンバサダー」。大分県生まれ、福岡市育ち。

-船・クルーズ
-, , , , , ,

Copyright© ノリッポ【-NORIIPPO-】 , 2021 All Rights Reserved.