広島 クルーズ寄港 おすすめ自由観光3選

瀬戸内海に面した山陽・山陰地方の中心都市広島。太平洋戦争末期には原爆投下による被害を受けましたが、戦後、驚異的な復興を遂げ、賑わっています。お好み焼きは大阪とならぶ広島のグルメ。また全国1位の生産量を誇る牡蠣もあり、グルメの楽しめます。そんな広島にクルーズで寄港した際に足を運び易いスポットを3か所、紹介させていただきます。

平和祈念公園

昭和20年8月6日、広島は世界で初めて原子爆弾が投下されて甚大な被害を受けました。街はほとんど破壊され、江戸時代以降も残されていた広島城の天主も倒壊しました。多くの人びとの生命が奪われ、生き残った人も後遺症などが残り、被爆者として苦しんでいます。 平和記念資料館は、被爆者の遺品や被爆の惨状を示す写真や資料を収集・展示するとともに、広島の被爆前後の歩みや核時代の状況などについて紹介しています。戦争の悲惨さと現在の広島の街を見て、平和の素晴らしさも実感することができます。世界遺産に登録されている原爆ドームはチェコ人の建築家、ヤン・レツル氏の設計で大正4年に開館したかつての「広島県産業奨励館」です。原爆の惨禍を今に伝えています。

アクセス
広島駅前から広島電鉄電車「宮島口」「江波」方面行に乗車し、「原爆ドーム前」下車

日本三景・宮島と世界遺産・厳島神社

宮城県の松島、京都府の天橋立とともに日本三景の一つに数えられているのが宮島です。古代から島全体が自然崇拝の対象であったといわれています。厳島神社の影響力や瀬戸内海の海上交通の拠点としての重要性から中世以降、歴史の表舞台に取り上げられてきました。世界遺産に登録されている厳島神社は、海を敷地とした大胆かつユニークな構成と、寝殿造りの粋を極めた荘厳華麗な建築美を誇っています。12世紀、平清盛が平家の守護神としてこの神社を崇拝して、数年をかけて現在の姿に造営されました。自然災害に見舞われても何度も修復され、建設当時の姿を現在に伝えています。「神をいつきまつる島」から、「嚴島(いつくしま)」と呼ばれ、古くから島全体が神として信仰の対象とされてきました。

厳島神社
開門〜閉門
1月1日:0:00 〜 18:30/1月2日 〜 1月3日:6:30 〜 18:30
1月4日 〜 2月末日:6:30 〜 17:30/3月1日 〜 10月14日:6:30 〜 18:00
10月15日 〜 11月30日:6:30 〜 17:30/
12月1日 〜 12月31日:6:30 〜 17:00
拝観料
大人:300円(神社)/300円(宝物館)/500円(共通割引)
高校生:200円(神社)/200円(宝物館)/300円(共通割引)
小中学生:100円(神社)/100円(宝物館)/150円(共通割引)
アクセス
JR西日本宮島口駅もしくは広島電鉄広電宮島口下車、フェリーで宮島桟橋へ

 かつての海軍の町 呉

戦前は海軍の重要な拠点として鎮守府が置かれていた呉。戦艦「大和」はこの街で建造されました。戦後は、世界最大のタンカーを数多く建造するなど、日本が戦後約10年ほどで世界一の造船国へ発展する一翼を担いました。通称「大和ミュージアム」として知られている呉市海事歴史科学館では、明治以降の日本の近代化の歴史そのものといえる「呉」の歴史を未来へ伝える展示が行われています。館内には10分の1戦艦「大和」をはじめ、零式艦上戦闘機62型、人間魚雷「回天」などの実物資料を展示されています。3階には船を中心とした科学技術の原理を操船シミュレーターなどの体験・体感を通して紹介する展示室があります。また屋外には芝生広場や実物大の戦艦「大和」をイメージした公園も整備されています。下の写真は旧海軍兵学校はの建物です。

呉市へのアクセス:
JR広島駅から呉線にのって呉駅下車

広島のクルーズ埠頭からJR広島駅までは広島電鉄5号線にのって約30分。乗り換えはありません。下船中に比較的足を運び易い広島の見どころ3選。ぜひお楽しみください。

広島寄港のクルーズお探しはこちらから

投稿者:

take

take

スイスを中心にヨーロッパ各地を 鉄道パスを使って旅してきました。 近頃は日本の良さも改めて見直していて、 「日本再発見」に目覚めています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

閲覧履歴