仙台 フェリー【ノリッポ】 |【ノリッポ】移動こそ旅の醍醐味!一歩先ゆく旅行の移動手段メディア

船・クルーズ フェリー

仙台 フェリー【ノリッポ】

投稿日:

最近、その良さが見直されているフェリー。近年は設備も充実して、ホテルに滞在している感覚で乗船を楽しむことができます。「杜の都」仙台を発着するフェリーを運航しているのは2020年に創立50周年を迎えた「太平洋フェリー」。「クルーズシップ・オブ・ザ・イヤー」のフェリー部門で太平洋フェリーの船は28年連続で第1位を受賞しているハイクオリティな船内サービスを提供し続けているフェリー会社です。

太平洋フェリーの運航スケジュール

太平洋フェリーは名古屋~仙台~苫小牧間を運航しています。苫小牧~仙台間は毎日運航、仙台~名古屋間は隔日運行です。運航ダイヤは以下の通り

苫小牧 19:00発→仙台 翌日10:00着/ 仙台 19:40発→苫小牧 翌日11:00着
仙台 12:50発→名古屋 翌日10:30着/ 名古屋 19:00発→仙台 翌日16:40着

 

太平洋フェリーの使用船舶

太平洋フェリーは「いしかり」「きそ」「きたかみ」の3隻の船を所有していて、それぞれにデザインコンセプトが定められています。

いしかり」は「エーゲ海の輝き」がコンセプト。エーゲ海のきらめく青い海と空、白壁の家々を思わせる明るい船内が特徴です。
「きそ」は「南太平洋のしらべ」がコンセプト。南太平洋のリゾートホテルのように優雅で洗練された豪華船です。
「きたかみ」は「SPACE TRAVEL」がコンセプト。宇宙船をイメージした白色に様々な光の演出が映える新感覚フェリーです。

大海原を眺めながらゆっくりと入浴できる展望大浴場、大きな窓から広大な海が一望できる展望通路「プロムナード」がそれぞれの船に設けられています。「いしかり」「きそ」には様々なジャンルのアーティストによる華やかなラウンジショーや映画を楽しめる本格的なラウンジステージ、ピアノステージがあるスタンドが設けられています。

太平洋フェリーの客室

「いしかり」はロイヤルスイートルームが1室、スイートルームが1室、セミスイートルームが2室、特等客室(洋室)が53室、特等客室(和室)が2~3名・6室、3~4名・4室、1等客室(和洋室)が24室、1等客室(洋室)が48室、1等客室(和室)が6室、1等客室(バリアフリー対応洋室)が2室、S寝台が1段ベットが72台、バリアフリー対応1段ベットが28台、上下完全セパレート2段ベットのB寝台が124台、2等和室が4室で計68名です。

「きそ」はロイヤルスイートルームが1室、スイートルームが1室、セミスイートルームが2室、特等客室(洋室)が53室、特等客室(和室)が2~3名8室、1等客室(和洋室)が24室、1等客室(洋室)が48室、1等客室(和室)が8室、1等客室(バリアフリー対応洋室)が2室、S寝台が1段ベットが72台、バリアフリー対応1段ベットが28台、上下完全セパレート2段ベットのB寝台が82台、2等和室が定員15~16名×8部屋で計127名です。

「きたかみ」は特等客室(洋室)が6室、特等客室(和室)が4室、1等客室(フォース)が12室、1等客室(クロスツイン)が33室、1等客室(ウィズペット)が2室、1等客室(バリアフリー対応洋室)が1室、簡易個室のエコノミーシングルが1段ベットが55台、バリアフリー対応1段ベット が20台、2段ベッドのB寝台が200台、C寝台が48台です。

太平洋フェリーの運賃設定

運賃は期間によって変わります。太平洋フェリーでは、乗船日の28日前までの予約・購入で、最大で50%割引になる「早割」、和・洋の味が楽しめる モーニングバイキングがついた「クルーズパック」、仙台~名古屋間限定のマイカープラン、全食事がセットになった「片道フルパック」といった割引プランをはじめ、インターネット割引、往復割引、学生割引、JAF会員割引などを扱っていて、割引も充実しています。

仙台港へのアクセス

宮城交通が仙台駅↔仙台港フェリーターミナル、中野栄駅↔仙台港フェリーターミナルのバスを、ミヤコーバスが多賀城駅↔仙台港フェリーターミナルのバスを運行しています。

フェリーを使うメリットはやはりマイカーと一緒に旅ができること。公共交通機関では必ずしもアクセスがよいとはいえないスポットも車なら容易に移動することができます。レンタカーもありますが、やはり日頃から乗り慣れている車での移動は安心感も大きいです。「ドア・ツー・ドア」で自分たちのペースで、自由度の高い旅を楽しむことができます。もちろん、家族旅行にもおススメです。またペット対応が充実しているのもフェリーの魅力。ペットを客室ではなく、貨物室で預かる飛行機ではトラブルが頻繁に発生しているという事実もあります。家族旅行、ワンちゃんを連れての旅にフェリーはいかがでしょうか。

仙台 フェリー 予約・問い合わせはこちらから

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
take

take

旅の楽しみは目的地での観光だけでなく、目的地までの移動も楽しみの一つ。鉄道での移動の時などは車窓から眺める移り変わる風景も楽しむことができます。「乗り物」に焦点を充てて、個人旅行では欠かせない「移動」の楽しみを紹介していきます。

-船・クルーズ, フェリー
-, , , , , , ,

Copyright© ノリッポ【-NORIIPPO-】 , 2021 All Rights Reserved.