蒸気機関車SL紹介〜SL人吉(JR九州・鹿児島本線、肥薩線) ブーム再燃⁉〜

SL人吉号

全国のSL蒸気機関車を紹介するこの企画も、数えること10回。

早いもので、今回が最後のSLになります。

ラストを飾るのは、熊本県内を走る「SL人吉」です。

熊本県といえば、真っ先に「くまモン」や日本三名城の一つ「熊本城」または「辛子レンコン」を思い浮かべる方が多いかもしれません。

2016年4月には熊本や大分など、九州で起きた大地震の悲しみが日本全国に広がりました。

けれども、そんな中、力強く走る蒸気機関車がSL人吉号です。

2018年は大河ドラマ「西郷(せご)どん」の放映が控えており、西南戦争の主要舞台である田原坂(たばるざか)のある熊本も注目を浴びること間違いありません。

熊本を縦断するSL人吉の魅力をたっぷりとご堪能ください。

 SL人吉号の運行情報

SL人吉の運行情報
引用:http://www.jrkyushu.co.jp/trains/slhitoyoshi/#info

SL人吉号は1988年に運行が始まり、現在、3月から11月までの金・土・日曜日・祝日および夏休み期間中に1日1往復運転。

車両は8620形。大正時代に製造され、現役で走るSLでは最古の車両という歴史を持ちます。

大正時代に製造された日本最古参の現役蒸気機関車です。

走行区間は熊本駅から人吉駅までを縦断する約2時間30分

ご利用区間 乗車券 座席指定券 合計
熊本~人吉 1,820円(910円) 820円(410円) 2,640円(1,320円)

※( )内はこども料金。

座席は全席指定で各区間の乗車券の他に指定券が必要となります。

切符はJR駅のみどりの窓口や「JR九州のネット予約サイト」で入手可能です。

ラグジュアリーな車内空間

 SL人吉号の魅力は、その歴史の名に恥じない車内空間です。

展望ラウンジ(1号車)
引用:http://www.jrkyushu.co.jp/trains/slhitoyoshi/

1号車の展望ラウンジは上品な白木、メープルウッドをふんだんに使った展望室、ゴージャス気分が味わえます。

展望ラウンジ(3号車)
引用:http://www.jrkyushu.co.jp/trains/slhitoyoshi/

3号車の展望ラウンジは、高級感あふれるローズウッドに包まれたサロン展望室。4種類の心地よい椅子が待っていますよ。

SL人吉号の駅弁と焼酎アイス

おごっつお弁当
引用:http://www.jrkyushu.co.jp/trains/slhitoyoshi/

おごっつお弁当は「SL人吉」車内限定販売の駅弁です。

おにぎりの他に、鯖の立田揚げ、人参・ごぼう・椎茸・こんにゃくの煮しめ、ネギが入った玉子焼き、たくあん漬物が入って620円(税込)です。

焼酎アイス
引用:http://www.jrkyushu.co.jp/trains/slhitoyoshi/

焼酎アイスは球磨(くま)焼酎を染み込ませたシャーベットとバニラアイスを2層にしたユニークなアイス。340円(税込)です。

アルコールはゼロなので、お酒の苦手な方やお子様でも、ちょっと大人なスイーツを楽しめますよ。

全国のSLを巡ろう!

球磨川を走るSL人吉
引用:http://www.jrkyushu.co.jp/trains/slhitoyoshi/

SL人吉の魅力、いかがでしたか?

これを読んで、ぜひ乗っていたいと思った方がいらっしゃれば幸いです。

全国のSLは運行も限られ、なかなかチケット入手が難しいことが現実。

人吉の場合は、人吉駅から復路の方が比較的、入手しやすいようです。

人吉だけでなく、これまで紹介した全国のSLの記事を読んで、ぜひ実際に乗車してみてください!

再び再燃しているSLブームに乗り遅れないよう、いろいろとチェックしてみてくださいね。

投稿者:

誰かのクラクション

誰かのクラクション

新宿在住のライター。大学時代より車で北海道から鹿児島まで、全国を旅するようになる。 海外は7カ国。アメリカ、カナダ、グアム、韓国、中国、ネパール、チベット。 2013年に大型バイクで日本一周の旅に出るが、わずか3時間で高速道路で転倒。バイクは大破したものの、骨折もなく奇跡的に軽傷で済む。 いつか再び日本一周の旅に出ようと、リベンジをねらう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する記事

閲覧履歴