太宰府散策きっぷ 「令和」ゆかりの地 自由観光

新しい元号「令和」の典拠となったのは万葉集に詠われている大伴旅人の歌です。この歌が詠まれた場所といわれているのが太宰府にある現在の坂本八幡宮。都府楼跡や観世音寺など万葉の時代を彷彿させる大宰府は福岡市内からもアクセス便利。気軽に日帰り観光ができます。太宰府散策にとってもお得な太宰府散策きっぷについてこの記事では紹介します。

福岡発着/寄港するクルーズ

太宰府散策きっぷとは?

大宰府の最寄浴は西鉄大宰府線の太宰府駅。きっぷには西鉄福岡(天神)駅または薬院駅から太宰府駅の往復乗車券が含まれています。運賃は大人1,000円、小人500円です。発売箇所は西鉄福岡(天神)駅もしくは薬院駅。日本全国のローソンもしくはミニストップ店内の端末「Loppi」にて引換券を買うことができます。(Lコード:82627)引換券だけでは乗車することはできません。乗車日当日、西鉄福岡(天神)駅北口チケットカウンター、または北口駅事務室で本券と引き換える必要があります。当日、駅できっぷを買うことができるので、駅で直接きっぷを買ってもいいかと思います。

太宰府名物「梅ヶ枝餅引換券」

太宰府の名物として全国的に有名なのが「梅が枝餅」。太宰府散策きっぷには梅が枝餅3個の引換券が付いています。引き換え可能な店舗はなんと32カ所。一覧は下記のクルーズは、大変人気のためご希望の場合はお早目のご予約をお勧め致します。引き換え可能な店舗は下記のクルーズは、大変人気のためご希望の場合はお早目のご予約をお勧め致します。リストです。(2019年9月現在)

梅が枝餅引換店舗MAP

「食べ歩き」にもちょうど良いサイズの梅が枝餅。ぜひ頬張りながら太宰府散策を楽しんではいかがでしょうか。

お得な割引特典

太宰府散策きっぷを提示すると、下記の施設で割引を受けていただくことができます。

■宝物殿(太宰府天満宮) 入館料100円引き(大人の場合)
■菅公歴史館(太宰府天満宮) 入館料50円引き(大人の場合)
■観世音寺/宝蔵(収蔵庫) 入館料200円引き(大人の場合)
■だざいふ遊園地  入園料100円引き
■太宰府駅レンタサイクル  100円引き(利用時間:9:00〜18:00)
■YUZU PREMIUM JAPAN 太宰府店「特典引換券」

特にレンタサイクルは太宰府観光の強い味方になります。太宰府天満宮周辺に加えて、「源氏物語」にも登場する日本最古の梵鐘がある観世音寺、大陸への玄関口となった太宰府の中心、太宰府政庁跡、元号「令和」のゆかりの大伴旅人の邸宅跡とされる場所に建つ坂本八幡宮など、万葉の風を感じながら自転車でまわってみてはいかがでしょうか。

新しい元号が「令和」に決まってからあらためて注目を集めている太宰府。クルーズで福岡に寄港した時の一番のオススメ下船観光スポットです。太宰府に行ったことがある人もあらためて「太宰府散策きっぷ」を使って太宰府の魅力を満喫しましょう。ちなみに太宰府観光のオススメ列車は下記列車です。

太宰府天満宮には西鉄の限定列車「旅人」で行こう!

日本発着 外国船クルーズの予約

日本船のクルーズ

 

投稿者:

take

take

スイスを中心にヨーロッパ各地を 鉄道パスを使って旅してきました。 近頃は日本の良さも改めて見直していて、 「日本再発見」に目覚めています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する記事

閲覧履歴