ダイヤモンド・プリンセス 新しい高速Wi-Fiサービス

スマートフォンがすっかり普及して、日常生活では欠かせない時代になりました。そしてSNSも発達して、旅先で撮った写真をInstagramに投稿したりする人も多いでしょう。海の上を航行するクルーズの場合、ネット環境は一番気になる点かもしれません。日本発着のクルーズ、ダイヤモンド・プリンセスを航行させているプリンセス・クルーズは高速Wi-Fiサービス「メダリオン・ネット」を導入しました。

クルーズに強い旅行会社

「メダリオン・ネット」の導入スケジュール

現在、「メダリオン・ネット」が導入されている船はカリビアン・プリンセス、リーガル・プリンセス、ロイヤル・プリンセス、ルビー・プリンセス、コーラル・プリンセス、アイランド・プリンセス、クラウン・プリンセス、エメラルド・プリンセスの8隻です。2020年にかけて更に多くの船で導入される予定になっています。2019年10月12日に就航する「スカイ・プリンセス」はもちろん「メダリオン・ネット」が搭載されます。更に2020年には2月20日に「グランド・プリンセス」、3月15日に「ダイヤモンド・プリンセス」、4月18日に「マジェスティック・プリンセス 」、6月12日に「スター・プリンセス 」、6月15日に「エンチャンテッド・プリンセス 」、7月25日に「サファイア・プリンセス」に導入される予定です。日本を発着する「ダイヤモンド・プリンセス」にも来年の3月から新しいWi-Fiサービスが導入される予定です。船内のインターネット接続環境の向上が期待されて、楽しみですね。

プリンセス・クルーズによると確実なインターネット接続により、様々な用途でインターネットが利用できて、家族や友人と常に連絡を取り合うことができるということです。船内のイベントで撮った写真をすぐにInstagramに投稿するといったことも可能になるかもしれません。

プリンセス・クルーズの予約はこちらから

「オーシャン・メダリオン・クラス」で船内サービス全般も拡充

プリンセス・クルーズでは業界初の双方向型テクノロジー・プラットフォーム上で稼働するウェアラブル・デバイス「オーシャン・メダリオン」の導入も進めています。日本発着のダイヤモンド・プリンセスでも2020年3月29日に導入予定とのことです。船内のどこからでも、客室のテレビや自身のモバイル端末を通じてアクセスすることができるとのこと、例えば、船内施設の案内、ロータス・スパやスペシャリティ・レストラン、船内イベント、寄港地でのオプショナル・ツアーの予約も可能になるとのことです。「オーシャン・メダリオン・クラス」についてはまた別の機会に記事に書かせていただきます。

ダイヤモンド・プリンセスの予約はこちらから

日本でもクルーズを楽しむ人が増えてきています。インターネット社会が成熟した現在、船内でのサービス拡充に繋がる技術革新は大歓迎ですね。今後の動向に注目です。

投稿者:

take

take

スイスを中心にヨーロッパ各地を 鉄道パスを使って旅してきました。 近頃は日本の良さも改めて見直していて、 「日本再発見」に目覚めています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

閲覧履歴