クルーズ寄港地 別府 日本一の温泉地 おすすめ観光3選

別府温泉は源泉数・湧出量とも日本一のまさに日本を代表する温泉地。別府湾に面した別府国際観光港は関西からのフェリーが長年発着していて、近年は大型クルーズの寄港も相次いでいます。この記事ではクルーズ下船中の別府のおすすめの観光について紹介していきます。

別府地獄めぐり

別府の観光で真っ先に思い浮かぶのが「別府地獄めぐり」。千年以上前から噴気、熱泥、熱湯などが噴出していたことが「豊後風土記」でも書かれていて、近寄ることもできない忌み嫌われた土地であったといわれていたことから「地獄」と呼ばれるようになりました。別府の地獄のうち、海地獄、血の池地獄、龍巻地獄、白池地獄の4つは国の特別名勝に指定されています。

クルーズに強い旅行会社

地獄めぐり共通観覧券

別府温泉の海・血の池・龍巻・白池・鬼石坊主・鬼山・かまどの7か所の地獄に入場できる共通観覧券。有効期間は購入日とその翌日の2日間で、各地獄に1回だけ入場することができます。代金は大人2,000円。訪ねる地獄の順番は自由です。ぜひ共通観覧入場券を買い求めて、地獄めぐりを楽しんでください。

人気ナンバーワンの海地獄

別府の地獄で一番人気があるのが海地獄。温泉中の成分である硫酸鉄が溶解していて、コバルトブルーの青々とした景観を楽しめます。貞観九年正月に鶴見岳噴火と共に出来た熱泉のひとつです。程よい半熟のあつあつの黄身が美味しい地獄茹での「温泉たまご」もぜひ食べてみてください。

昭和のレトロな雰囲気漂う温泉街 鉄輪温泉

「地獄めぐり」の地獄の多くが集中しているのが鉄輪温泉。鉄輪温泉は別府八湯と呼ばれる、別府・浜脇・鉄輪・明礬・観音寺・亀川・柴石・堀田の各温泉の一つです。温泉地としての別府の歩みを感じていただけるどこか懐かしい雰囲気の温泉街の散策も楽しんでください。別府には地元の人が利用する源泉かけ流しの温泉を楽しめる「共同湯」があって、一般にも開放されています。値段も100円程度と大変お手頃。歩いていると地元の人から「よかったら入っていかんね」と大分弁ですすめられるといった心温まるコミュニケーションにも出会えます。鉄輪温泉でのおすすめはこちら。

地獄蒸し工房 鉄輪

摂氏98度、100%地熱エネルギーの温泉噴気を利用した鉄輪温泉で江戸時代から用いられていた伝統の調理法「地獄蒸し料理」を体験することができます。調理で用いる食材は施設の中で購入することができます。また食材の持ち込みは可能ですが、別途料金がかかりますので応相談です。

湯けむり展望台

別府市内の至る所で立ち込める湯けむりは「別府の湯けむり・温泉地景観」として国の重要文化的景観に指定されています。鉄輪の湯けむり、雄大な鶴見岳、季節によって様々に色を変える扇山といった風景を一望できるのがこの展望台です。湯けむりや山の景色を分かりやすく紹介する案内板もあり、ベンチも設置されています。

別府湾を一望! 別府ロープウェー

温泉以外の別府の魅力的なスポットが鶴見岳。鶴見岳は標高1375m。別府の豊かな温泉の源になっている山です。鶴見岳の山頂にはロープウェーで行くことができます。山頂からは別府湾と別府の街並みを一望することができて、更に晴れている日には遠く四国を見ることができます。また「九州の屋根」くじゅう連山の山々も一望することができます。春は桜、夏はミヤマキリシマ、秋は紅葉、冬は樹氷と四季折々の景観を楽しむことができます。

別府の下船観光の強い味方になるのが現地のバス会社、亀の井バスの一日乗車券。下記の記事でも紹介させていただいています。

別府 クルーズ寄港地 1日乗車券で湯めぐり散策

別府の湯めぐり散策を思い思いに楽しんでください。

日本発着日本船のクルーズ

日本発着外国船のクルーズ

投稿者:

take

take

スイスを中心にヨーロッパ各地を 鉄道パスを使って旅してきました。 近頃は日本の良さも改めて見直していて、 「日本再発見」に目覚めています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

閲覧履歴