飛鳥クルーズ 新しいラウンジ誕生

日本最大のクルーズ客船「飛鳥II」。母港になる横浜港大さん橋国際客船ターミナルに新しいラウンジが2019年4月12日からできます。ラウンジの名前は「アスカラウンジ」。「飛鳥Ⅱ」の乗船手続きの前に待合室として利用することができます。

「アスカラウンジ」を利用できるのは上級客室カテゴリー「S ロイヤルスイート」、「A アスカスイート」の利用者に加えて、アスカクラブ会員のうち、飛鳥クルーズ累計1,000泊以上の「アルバトロスソサエティ プラチナメンバー」の利用者です。

ラウンジは乗船受付開始の1時間前から利用することができて、飲み物を飲んだりしながらゆっくりくつろいで過ごすことができるということです。客席の数は70席。ゆっくりと心地よく過ごしていただく為に、ブラウンを基調とした落ち着きのあるデザインのインテリアが採用されるとのことです。

施設の概要は下記の通りです。

名称:横浜港大さん橋国際客船ターミナル「アスカラウンジ」
場所:横浜港大さん橋国際客船ターミナル2階
オープン日:2019年4月12日(金)(A-styleクルーズ~春彩~より開始)
オープン時間:乗船受付開始時刻の1時間前からご乗船受付まで
(例:午後5時出港の場合、午後2時から午後3時30分まで)
座席数:70席
(飛鳥クルーズウェブサイトより)

日本で初めての本格的なクルーズ専用のラウンジとのこと。国土交通省が平成29年に創設した官民連携による国際クルーズ拠点形成の制度に基づく今回のラウンジ開設とのことです。空港で搭乗前のひと時をラウンジで過ごすのは旅の楽しみの一つでもあります。鉄道会社でもJR東日本が東京駅で開設している「ビューゴールドラウンジ」などがあります。ワンナイトクルーズからウィークエンドクルーズ、長い期間のクルーズまでバラエティに富んだコースを提供している飛鳥クルーズ。乗船前からクルーズでの船旅への期待感が高まるサービスの拡充が楽しみですね。

 

飛鳥クルーズの問い合わせはこちらから

クルーズ旅行の問い合わせはこちらから

投稿者:

take

take

スイスを中心にヨーロッパ各地を 鉄道パスを使って旅してきました。 近頃は日本の良さも改めて見直していて、 「日本再発見」に目覚めています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

閲覧履歴