ダイヤモンド・プリンセス 船内のWifi利用環境

一年を通じて、数多くの日本発着のクルーズを運航しているプリンセス・クルーズのダイヤモンド・プリンセス。日本の長崎で建造されて、日本のマーケットにあわせた船内設備とサービスでワンランク上のクルーズを楽しんでいただくことができます。スマートフォンが普及してSNSが一般化している現在、船内で過ごすときのインターネット環境は重要になるかと思います。そこで、ダイヤモンド・プリンセスの通信環境について、まとめさせていただきます。

船内でのインターネット利用環境について

ダイヤモンドプリンセスには有料のインターネットカフェがあります。インターネットカフェではウェブサイトの閲覧に加えてGmailやHotmailなどのウェブメールによるメールの送受信ができます。日本発着クルーズでは日本語入力にも対応致します。また客室では自身のパソコンを持参して、有料の無線LANインターネット接続が可能です。(有料)。インターネット使用料はいずれも1分約79セント。お得なパッケージ料金もあります。船舶ローミングサービス対応の携帯電話からもメールを利用することができますが、 日本近海であっても航海中の通信料は国際ローミングサービスに接続するため高額になる場合がございます。利用する際には注意が必要です。

Wifi利用のパッケージプラン

ダイヤモンド・プリンセスのWifi利用のパッケージ料金には下記があります。

  • Socialプラン:24時間14.99ドル、4日間39.99ドル
  • Surfプラン: 24時間24.99ドル、4日間59.99ドル
  • Premiumプラン:24時間29.99ドル、4日間79.99ドル

一番安いSocialプランではFacebook、Instagram、TwitterといったSocialメディアが利用可能です。また各航空会社の公式サイトにアクセスが可能です。SurfプランになるとYahooやOutlookでのメール送受信が可能になります。Premiumプランになると、Youtubeといったストリーミングサイトも閲覧が可能になります。ダイヤモンド・プリンセスの料金プランで注意が必要なのが多くの人が利用しているLINEはPremiumプランのみ利用可能です。寄港中は船から降りて寄港地を観光している時は、日ごろ使っている携帯電話会社などの通信サービスを利用することもできます。またレストランやバーで食事をしていたり、船内でのイベントなどに参加していることもあるかと思います。終日クルーズの時だけ利用するなど、日ごろの利用頻度を念頭に自分に合ったプランをうまく利用するといいかと思います。

投稿者:

take

take

スイスを中心にヨーロッパ各地を 鉄道パスを使って旅してきました。 近頃は日本の良さも改めて見直していて、 「日本再発見」に目覚めています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

閲覧履歴